【対処法】iPhone12mini タッチ・ロック解除の不具合の原因

スポンサーリンク
iPhoneトラブル

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

スマライフ
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者1万人を超えました! 総再生回数は240万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

先日、iPhone12miniが発売されましたが、この12miniで致命的な不具合が発見されました。
それはケースとガラスフィルムを付けるとタッチが反応しない・ロックが解除できないという不具合です。

SNSやネット上で既に多くの方がこの不具合を訴えており、Appleはまだ公式に発表していませんがこの不具合はかなり致命的です。

今回は修理屋目線で「この不具合の原因と一時的な対処法」を記事にしていきます。

スポンサーリンク

iPhone12miniのタッチ不良はどのようにして起こる

現在、不具合が出る条件下としては以下です。

・ガラスフィルムを付ける(特に全面を覆うフルラウンドのフィルム)
・ケースを付ける

この条件下でタッチの反応が鈍ったり、ロックが解除できなくなったりします。
色々調べると必ず出るわけでも無さそうですが、国内外問わず上記の条件下で出ている方が多いです。

 

iPhone12mini以外の12シリーズではこの不具合は見られず、フィルムやケースを付けても大丈夫です。

では、この不具合が出るのはなぜなのででしょうか?

ソフトウェアの不具合もしくはハードの不具合

現段階ではソフトの不具合かハードの不具合かを切り分けることができないですが、ソフトウェアの不具合である可能性が高いとのことです。(ロック画面上で出ることが多いので)

なので、iOSのアップデートで解決する可能性があるとのことですが、一部の情報では本体のアース(グラウンド)の不具合である可能性もあり、もしかするとディスプレイパーツと本体の可能性もあります。

iPhoneXでも同様の不具合があった

実は過去にiPhoneXでも同様の不具合がありました。

【無償修理】iPhone Xのタッチが反応しなくなった時の対処法!
去年発売されたiPhone Xのデイスプレイモジュールに欠陥があることが先日判明した。 モジュールのコンポーネントに問題があり、タッチに不具合は生じるという。 今回はiPhoneXのタッチが反応しなくなった時の対処法とAppleで無償修理をしてもらう方法をご紹介!

ケースを付けたりフィルムを付けたりで起こる不具合では無いですが、ディスプレイモジュールの構造上の問題によりタッチ不良が起こるというものです。

この症状はハードの問題であり、Appleも公式に認めており症状が出た方は無償で交換対応となりました。

スポンサーリンク

iPhone12miniの不具合がハードの不具合だった場合

ハードの不具合だった場合は結構面倒ですが、Appleが公式に認めた時点でリコールの対象となります。
恐らく、無償交換となり持ち込めば対応してもらえると思いますが、殆どの方でこの症状が出ているのでかなりの数がリコールになり、交換までに時間がかかることが予想されます。

 

リコールになって無償で交換してもらえるためになるべく本体を破損させたり傷つけたりしない方が良いです。(ケースやガラスフィルムを付けれないのでかなり慎重に扱わないとダメですが…)

破損させると初期不良か破損によって起こっているものなのかの切り分けができず交換してもらえない可能性もあります。

現時点での対処法

現時点での対応は2つとなります。

ケースとフィルムどちらかにする

この症状はガラスフィルムとケースを両方付けたときに起こることが多く、どちらか一方であれば症状は出にくいもしくは出ないとのことです。

なので、ケースとガラスフィルムのどちらか片方にして凌ぐ、もしくはガラスフィルムではなく通常のフィルムにするのが良いです。

 

ただ、やはりガラスフィルムとケースは両方付けることで端末の故障率を大幅に下げてくれるので、付けないとやはり破損する確率は高くなります。

万が一、リコールになり無償交換するために端末を傷つけたく無い方は次の方法で乗り切りましょう。

パスコードを設定しない

パスコードをこの不具合が解決されるまで解除してしまうのが現段階で一番有力な解決方法です。
ロックを解除すればタッチの不具合が起こることが少ないため、以下の手順でパスコードを解除しましょう。

設定→Face IDとパスコード→パスコードをオフにする

でパスコードを解除できます。

解除してしまえば、番号を入力することが無いのでケースやフィルムを付けても大丈夫です。

 

ただし一点気を付けることがあり、パスコードを解除すると第3者が簡単に所有者のデータにアクセスできるので肌身離さずiPhoneを持っておいてください。

落としたり無くしたりするとかなり最悪なので、注意してください。

まとめ

今の段階で報告されているのがロック画面上でのタッチ不良なので恐らくソフトウェアの問題ではあるので次のiOSのバージョンアップで解決される可能性があります。

その間、今回紹介した方法で一時的に凌いでください。

もしハードの問題だとリコールになる可能性もあるので、本体を落としたりして破損させないようにも注意してください。

タイトルとURLをコピーしました