【交換不可?】iPhoneの指紋認証が反応しない時はどうすべき?

スポンサーリンク
iPhoneトラブル

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

YouTube

 

iPhone5S~iPhone8までは指紋認証(Touch ID)機能が搭載されています。

最新のiPhoneX以降はFace IDに置き換えられましたが、やはり指紋認証は未だに人気があります。

しかし、使用している中でまれに指紋認証が使えなくなったり機能がしにくくなったりすることがあります。

 

今回は「iPhoneの指紋認証が使えなくなった時はどうすべきか?」「交換修理は可能か?」について書いていきます。

スポンサーリンク

iPhoneの指紋認証が使えなくなる理由と改善方法

iPhoneの指紋認証が使えなくなる理由として挙げられるものは何なのでしょうか?

ホームボタンは使えるのに指紋認証のみが使えなくなることもあります。

使えなく理由として考えられることを1つずつ見ていきましょう。

手が汚れていたり指紋が消えかかっている

単純に手の汚れ・水濡れや指紋が擦れて変わっていたり、薄くなっている場合は反応しなかったり、鈍かったりします。

手の汚れの場合は洗えば使えるようになりますが、指紋が薄くなっている場合は再度指紋登録をすると使えるようになることが殆どです。

 

裏技という程でも無いですが、同じ指の指紋を2つ登録するとより解除の精度が上がります。

右手の親指で解除していれば、親指を二つ登録するような感じです。

2つ登録していれば、ほぼ確実に解除出来ます。

ソフトウェアの問題で指紋を解除出来ない

あまり聞いたことは無いですが、内部iOSのセキュリティーの問題で指紋認証が解除出来なくなったり使えなくなったりすることも極稀にあります。

 

このような場合は次のアップデートを気長に待つしかないので、アップデートがくればすぐにアップデートして下さい。

iOSの問題であれば、それで解決することが殆どです。

落下や衝撃による破損

落下衝撃が加わってしまってから使えなくなった場合はホームボタンの物理的破損が考えられます。

画面が割れたりなど本体に損傷が出るぐらいの衝撃が加わった場合に出ることが多いです。

実際に指紋認証のみ使えなくなることが殆どでホームボタンは正常に機能することが多いです。

 

画面にホームボタンは付いているので、画面を交換すれば指紋センサーと画面を繋ぐケーブルも新しくなるので、そこが破損してれば交換で再度使えるようになります。

しかし、画面を交換しても使えない場合はどうすればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

iPhoneの指紋センサーは交換出来るの?

では、iPhoneの指紋センサーは交換出来るのでしょうか?

指紋センサーはホームボタンに付いているので、ホームボタンの交換となります。

iPhone5S~6Sの場合

iPhone5S~6Sの場合はホームボタンの交換は可能ですが、交換すると指紋認証は一切使えなくなります。

端末の指紋センサーに搭載されているチップは本体のチップと整合性があり、世界に1つだけの物をなります。

セキュリティーの問題でそのような構造となっています。

 

特にAppleはセキュリティーに厳しいため、他のAndroidは指紋センサーを交換しても使える機種が多いですが、iPhoneは残念ながら使えません。

なので、ホームボタンが効かない場合に交換すればホームボタンとしての機能は使えますが指紋認証は使えなくなります。

iPhone7~8の場合

iPhone7以降の場合は更に厳しく、交換すると起動すら出来なくなります。

これは以前記事でも紹介しました。

iPhoneがリンゴループになる原因はホームボタンにある!解決法は?
iPhone7,8(7Plus,8Plusも同様)はシリーズ最後のホームボタン搭載のiPhoneです。このシリーズ最後のホームボタンには1つだけ致命的欠陥がございます。それはホームボタンが壊れると起動が出来なくなりループ病(リンゴループ)に陥ってしまうことです。今回はその原因と解決方法を見ていきましょう。

 

ホームボタンを交換するとリンゴループという症状になります。
(iOSのバージョンによってはならないものも存在します。)

ホームボタンが破損してもリンゴループになるので、起動が遅かったりホームボタンのクリック感の違和感や指紋認証が急に使えなくなった場合は電源を切らずに早急にバックアップを取る必要があります。

起動時のセキュリティーチェックで引っかかり起動が出来なくなると考えられます。

 

ちなみにiPhoneX以降はFace IDが破損すると起動が出来なくなることがあります。

iPhoneX~XSのリンゴループはFace IDのパーツが問題
iPhoneX~XSが突然リンゴループになってしまった場合の原因の1つとしてFace ID・近接センサーの故障が考えられます。実際に修理屋で働いている経験上から今回は「iPhoneX~XSがリンゴループ」になってしまった時の対処法をご紹介していきます。

 

Appleでもホームボタンが壊れた場合は基本的に全機種で端末交換修理になります。

まとめ

指紋認証を搭載する全機種で指紋認証が使えなくなった場合、諦めるしかありません。

特にiPhone7以降は最悪の場合、起動すら出来なくなってしまう可能性があるので注意して下さい。

自然に壊れることは殆ど無く、部品自体も比較的頑丈な作りをしていますが落下や衝撃には十分に注意して下さい。

 

万が一、iPhone7以降でホームボタンが破損した場合は早急にバックアップを取りましょう。

次期iPhoneでは画面内蔵型の指紋認証も搭載されると噂されています。

iPhone12も恐らくセキュリティ対策がされるので交換は難しそうですね。

 

公式YoutubeチャンネルにてiPhone6plusのホームボタンを実際に交換した動画を公開しています。

タイトルとURLをコピーしました