【重要】iPhone7が急に圏外・ビックリマークになる原因と対処法

スポンサーリンク
iPhoneの故障・修理

こんにちは!

スマライフです。

 

iPhone7ユーザーの皆さん。

iPhone7を使用している時に急に圏外になりその横にビックリマークが出たことありませんか?

もしくは圏外と4Gを往復したりなどはありませんか?

 

その症状放置しておくと次期に使えなくなってしまいます。

今回は「iPhone7が急に圏外になった時の対象方」をご紹介!

スポンサーリンク

圏外・ビックリマークの問題はiPhone7の内部パーツの初期不良

Appleもこの問題を認めており、公式に発表されています。

 

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

この問題が確認されているのは、2016 年 9 月から 2018 年 2 月までの間に製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売された iPhone 7 です。

引用:Apple

 

内部のモバイル通信の制御を司るパーツが破損することによって起こります。

 

この問題は初期の製造不良とされており、Appleもリコール対象として認めています。

このリコール対象のiPhone7は日本では型番A1779が対象です。

この型番はiPhone7の裏面下部に小さく記載されております。

もちろん、この型番でも症状が出ないiPhoneもあります。

iPhone7が圏外になるまでの予兆

iPhone7が圏外・ビックリマークが電波の所に表示される故障になるまでには予兆があります。

使用している時に電波を掴んだり掴まなかったり、3Gと4Gと圏外を頻繁に行き来したりなどの症状が現れ始めます。

電波を検索中のまま掴まなかったりなどの症状も出てきます。

 

こういった兆候がiPhone7に現れ始めたら早急にバックアップを取りましょう。

iPhone7が圏外になった場合は個人で直せる?

基本的に圏外病と言われるこの症状は基板のチップの問題なので、個人で直すことは不可能です。

アップデートなどのソフト関係の修復や画面・バッテリー交換などの物理的なパーツ交換でも直せないです。

 

なので圏外病になってしまうと後でご紹介しますが、Appleストアで交換してもらうしか方法はありません。

圏外の状態が続くと最終的にiPhone7がリンゴループになってしまう

この圏外になってしまう故障は最終的にリンゴループになってしまいます。

リンゴループとは起動した時のリンゴマークから動かず、全く起動がしないことを指します。

 

このリンゴループは突然現れます。

圏外になってしまった時に電源を落としたり、再起動をかけたタイミングで出ることが多いです。

 

リンゴループになってしまうともう修理・バックアップする方法はありません。

なぜかというとこの問題は基板上のチップの問題であるため、修理が出来ないからです。

 

そして、バックアップを取っていなければデータは全て飛んでしまいます。

ちなみにiPhone7,8ではホームボタンが破損してもこの症状が出ることがあります。
(iOSのバージョンによる)

iPhoneがリンゴループになる原因はホームボタンにある!解決法は?
iPhone7,8(7Plus,8Plusも同様)はシリーズ最後のホームボタン搭載のiPhoneです。このシリーズ最後のホームボタンには1つだけ致命的欠陥がございます。それはホームボタンが壊れると起動が出来なくなりループ病(リンゴループ)に陥ってしまうことです。今回はその原因と解決方法を見ていきましょう。

 

なので、圏外の症状が出た時は再起動電源を落とすといったことをする前にパソコンまたはiCloudでバックアップを早急にとりましょう!

次にバックアップを取った後、Appleストアに持ち込んで交換してもらう方法と条件を紹介!

スポンサーリンク

圏外病のiPhone7をAppleストアで無償交換してもらう方法

圏外の症状がiPhone7で出た場合

「Apple 正規サービスプロバイダ」または「Apple Store 直営店」または「Apple テクニカルサポート」へ問い合わせて下さい。

*各通信業者(docomo,au,softbank)などでは交換プログラムを受けることが出来ません。

そして、修理に出す前に確認することが2つあります。

・iTunes(PC) または iCloud に iPhone をバックアップとっているかどうか?
・画面割れなど無償交換に支障をきたす損傷があるかどうか?もしあった場合はそちらを別途有料で修理する必要があるので注意が必要。

修理・交換の時間は「Apple 正規サービスプロバイダ」または「Apple Store 直営店」または「郵送での対応」によって異なりますが、大体検査を含めて数日から長くて1週間が目安です。

予約が埋まってなければ即日対応が可能かもしれませんので、まずは一度電話で聞くのがいいかもしれません。

 

あと、非正規修理業者でパネルやバッテリーを交換している場合でも新品に交換してもらった話をよく聞くので、その場合でも一か八かで送ってみるのもありでしょう!

 

この圏外の問題は少し厄介な初期不良ですので、症状が出た場合は早めに対象・交換をしてもらいましょう!

タイトルとURLをコピーしました