純正品では無いパーツで交換修理したiPhoneは買い替え可能?

スポンサーリンク
iPhoneの故障・修理

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

スマライフ
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者13,000人を超えました! 総再生回数は300万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

iPhoneが故障した時に修理・交換をする際、正規店で修理する人と非正規店で修理する人がいます。

正規店では無い非正規店で修理した場合は互換部品で交換がされます。

もし、互換性の部品を使用し交換した時に「機種変更の時に問題が無いのか?」「互換品を載せたiPhoneを正規店で新たに修理が出来るのか?」って疑問に思いますよね。

今回はそんな疑問を解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

正規店修理と非正規店修理の違いは?

ではまず正規店と非正規店の修理の違いについて見ていきます。

正規店修理とは

iPhoneはAppleでの直営修理またはApple正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラなど)が正規店修理となります。

正規店修理で使われるパーツは勿論、純正パーツです。

Appleが供給するパーツで修理は行われます。なので、パーツの性能は言うまでもないです。

 

修理時間は即日から混み具合によっては数日預かりが普通でしょう。

デメリットとして破損が酷い状態(画面が映らない・電源がつかない等)の場合は修理が出来ず、端末交換となります。

そうなるとデータが消えてしまうので、ここで非正規店が登場するのです。

非正規店修理とは

非正規店修理はAppleが公式に認めていない修理店です。

iPhoneであればかなりの店舗が日本国内に存在します。

こういった修理店では即日でデータも消さずに修理が可能なことが殆どであり、破損状況が酷くてもデータを消さずに修理が可能で、iPhoneであれば殆どの修理を1時間以内で行ってくれます。

 

しかし、正規店では無いので使用するパーツは互換品となります。

正規品を使うと商標権違反になるので法律上扱うことは出来ません。

 

互換部品のデメリットはパーツがピンキリでかなり品質の悪い物から純正と性能が殆ど変わらないハイクオリティなものまで存在します。

これは修理店の値段に現れるもので、極端に安い修理店では格安のパーツが使われてしますし、相場より高いお店ではクオリティの高いパーツが使われていることが殆どです。

では非正規店で修理してしまった場合、その後の機種変更や正規店での修理は出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

非正規店で修理してしまった場合、機種変更は出来る?

機種変更に限っては何の問題も無く可能です。

実際に機種を丸々変えるので、中のパーツがどうであれ関係はありません。

 

しかし、機種変更で端末を下取りに出す場合は問題がある可能性があります。

例えば、画面を交換していると僅かな色味の差で交換品がバレてしまったりすることがあります。

バッテリーや他のパーツに限っては分解されない限り分からないかもしれませんが、最新のiPhone11シリーズやiOSのバージョンによっては互換部品を使用すると警告表示が出ます。

この警告表示や色味の違いで交換したことがバレるとで通常買取や機種変更の際の買取査定で大幅に値段を下げられてしまう場合があります。

なので、機種変更には問題無いですが買取などをする場合は影響が出る可能性があります。

非正規店で修理した場合、Appleで修理サービスは基本受けれる

非正規店で修理してもAppleでの修理は基本受けることが可能です。

iPhoneを非正規店で修理したのがバレても公式サポートは受けられる!
iPhoneが壊れた時についつい安さと早さを求めて街の非正規店でお修理してしまいった方いませんか? 非正規店で修理すると公式(Apple)の保障が効かなくなるとよく言われています。 恐らく、非正規修理業者で交換した際、修理する前...

ただし、ロジックボードの交換やホームボタンの交換などを非正規店でされてる場合は修理受付すら出来ないです。

 

指紋認証やFace IDなどのセキュリティーに関係する部品を交換している場合は修理が出来なさそうです。

バッテリーに関しては非純正の物でも基本交換対応が可能ですが、損傷が無く安全と判断された場合に限るとのことです。場合によっては修理受付が出来ない可能性があります。

次にApple Care+やキャリアでの保証プランがどうなるのでしょうか?

Apple Care+やキャリアの保証は完全に無くなる

Apple Care+やキャリアの保証は完全に無くなってしまいます。

これは仕方無いですね。

 

Appleやキャリアの保証はあくまでオール純正のiPhoneにのみ適用可能です。

これはiPhoneに限らず全てのスマホに言えることですね。

なので、非正規店で修理したiPhoneを持っている場合はAppleやキャリアの保証は全く意味が無くなってしまうので、早めに抜けられた方が良いです。

 

もし、どうしても保証に加入したいのであればモバイル保険などの修理に対して保険が下りるサービスに加入した方が良いです。

モバイル保険ですと月額700円を払えば年間10万円までの修理保険を受けることが可能で、非正規店で修理した場合でも修理証明書を貰えば修理代金は帰ってきます。

*消耗品であるバッテリー交換は保険が下りません。

過去にモバイル保険の事について記事にしているので興味のある方は是非そちらを読んで頂ければと思います。

モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある
こんにちは! スマライフです。 スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。 皆さん、スマホの保証には入られているでしょうか? 恐らく、一番多いのはキャリアの...
モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり
モバイル保険について以前 「モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある!」 という記事でご紹介致しました! 本日は以前記事ではご紹介出来なかったモバイル保険の魅力についてより詳しく解説してい...

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

まとめ

〇正規店修理のメリット
・純正パーツが使用されるので安全
・保証サービスが手厚い
・修理をしても基本、買取査定が下がらない〇非正規店でのメリット
・修理が早い
・値段が交換パーツによっては安い
・データが基本消えない
・iPhoneの非正規店は多いのでどこでも修理が受けられる
〇正規店修理のデメリット
・破損状況によってはデータが消える
・待ち時間があるとその日に修理が出来ない
・修理出来る正規プロバイダーの店舗が少ない〇非正規店修理のデメリット
・メーカー保証などが受けられなくなる
・何かトラブルになった時に面倒
・買取査定が大幅に下がる可能性がある

このような形で正規店と非正規店にはお互いメリットデメリットがあります。

お使いのiPhoneが壊れてしまって修理をどこでするかを迷っていましたら、是非今回の記事を参考にして頂ければと思います!

タイトルとURLをコピーしました