スマホの削除データは復旧できる?【素人では確実に無理です】

スポンサーリンク
Huaweiの故障・修理

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画発信をしています。

スマライフ【SMALIFE】
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者13,000人を超えました! 総再生回数は300万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

iPhoneやAndroid端末を使用していて

「謝って写真を消してしまった」、「謝ってLINEのトークを消してしまった」

などなど

大事なデータを消してしまってしまったことはありませんか?

 

こういった時に復元をしようと思ってもバックアップを取って無ければ基本戻ってきません。

なので、復旧する業者が存在するわけです。

今回はスマホの修理業者に勤めている経験から「スマホの削除データを復旧するまでの道のりと方法」をご紹介していきます!

スポンサーリンク

スマホの削除データってどのようなものが多い?

実際によく来る問い合わせは

・写真
・連絡先
・メールのやり取り
・LINEのやり取りや友達

この4つが多いです。

 

特にLINEは今殆どの人がしているので、結構問い合わせが来ます。

実際に削除した経緯は様々で誤って消してしまったり、誰かに消されたりなどが多いです。

データ復旧を依頼する人に多い共通点

実際にデータ復旧というサービスは非常に高額なことが殆どです。

平均で10万円~30万円程となってきます。

なので、写真や連絡先程度では金額から諦めてしまう人が多いです。

 

実際に依頼をして頂く人に多いのが、「裁判の証拠」・「浮気の証拠」・「金銭トラブル」など

誰かとのやり取りを復旧して、裁判への使用や証拠を出したい人が依頼します。

後は、亡くなった子供の写真・親の写真など重い案件もあります。

素人が削除データを復旧することはできるのか?

データを削除してしまった場合、多くの人がまず試すのが無料で提供されているデータ復元ソフトです。

しかし、無料・有料問わず削除したデータを素人がソフトを使って復元させることは基本出来ません。

 

復元ソフトの多くは端末から削除データを探すというよりはパソコンなどに保存されているバックアップから復元するような形となるので、バックアップを取っていないデータは基本的には無理なのです。

もっと高度な技術が要求され、ソフトウェアに関してのプロフェッショナルが解析を繰り返し手動でデータを探し出す作業となるので、ソフトを使用して「ポン!」と出てくるような簡単なものではありません。

 

中には高額で販売されているソフトもあり、買って損をする場合もあるので注意して下さい。

スポンサーリンク

iPhoneとAndroidのどちらが復旧しやすいのか?

これは断然Androidです。

iPhoneは今の最新のiOSではまず確実に無理なのと、少し古いiOSでも難しい場合が殆どです。

 

勿論、出来る場合もあるので写真とか連絡先などでは望みはあるかもしれませんが、LINEなどの一部のクラウドと紐づいているアプリの復旧は暗号化の解析が非常に困難になっているため、ほぼ不可能に近いです。

Androidも最新の機種では難しいですが、少し古い機種であればデータ復旧できる可能性は高くなります。

結局はrootが取れるかどうか

rootとはAndroidであればRoot化、iPhoneであれば脱獄を差します。

要するに端末の管理者権限を得て、ユーザーが普段見れないファイルにまでアクセスできる権限です。

 

このrootはセキュリティの関係上、一般的には取得するのが難しく(新しい端末ほど困難)ある程度の専門知識が必要になってきます。

そこから、削除したデータのファイルの一部が端末内にデータとして残っているかを探し出し解析します。

それを抽出し、データを復旧するような形です。

 

LINEやメールのやり取りも一見サーバー上のやり取りのように見えますが、実は端末内にデータとして一部保存されている場合もあるので、そこを見つけ出すという方法で復元します。

データ復旧を依頼できる条件

データ復旧するには少し条件があります。

端末がしっかり起動できるかどうか

端末が起動できる状態であることが1つの条件になってきます。

端末が起動できなければ、その端末をまず起動できる状態にまで持っていく必要があります。

 

起動が安定しない端末もダメなので、通常通り使用できるかどうかが肝となってきます。

初期化を何度もしていないか

初期化を何度も繰り返している端末は端末内部のデータが書き換えられるので、復元が不可能になります。

正直1回でもしていれば、望みはかなり薄くなるのでデータの復元を希望するなら初期化は絶対にしないようにしましょう。

端末が持ち主であるかどうか

これはデータ復旧サービスを行う会社にもよるのですが、本人の端末でないと依頼できない場合が殆どです。

上記でも述べたように裁判や金銭トラブルに関する問題で依頼を頂くことが殆どなので、トラブル防止のために他人の端末は受けてくれない場合が多いです。

 

身分証明書なども必ず必要になってくるので、事前に用意するようにしましょう。

スポンサーリンク

最新端末ではないかどうか

最新の端末はセキュリティ強化の面でデータの解析が難しくなります。

なので、比較的新しい機種は問い合わせの段階で断られることが殆どです。

 

最新の端末を買った時はこまめにバックアップをし、データを失わないようにしましょう!

全部復旧は無理

一部の写真や連絡先、LINEのトークなどのデータ復旧は出来る可能性がありますが、初期化してしまったスマホのデータを全て復元することはバックアップを取ってなければ不可能です。

仮にデータが見つかっても断片的なデータになるので、元通りに復元が出来ないためです。

 

そこに限ってはあきらめましょう。

データ復元はどのように依頼をするのか

個人情報の関係で今現在働いている会社は紹介できないですが、「スマホ データ復旧」と調べて出てくる業者に一度電話等で問い合わせてみると良いでしょう。

スマホのデータ復旧は非常に高度な作業になるので、有名所の業者でないと取り扱ってくれない場合が多く、検索上位に表示される業者や口コミが多い業者に一度問い合わせをしてみましょう。

 

データ復旧は時間のかかる作業なので、数週間はスマホを預けないといけません。

なので、預けるスマホを使用していれば代替機を用意して、預ける端末はデータを弄る為、正常なデータに影響が出ることもあることもあります。バックアップは必ず取ってから預けるようにしましょう。

 

そして、今後このようなことがないように戻ってきたり、機種変更した際はこまめにバックアップを取るようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました