偽物のiPhone11 Proを分解すると中身がヤバかった…

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画発信をしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

先日、スマライフのYoutubeチャンネルにて偽物のiPhone11 Proを分解レビューしました。

「偽物のiPhone11 Pro…」

と思う方も多いとは思いますが、実際に外観は殆どiPhone11 Proで中身はAndroidという感じになります。

 

今回は「偽物のiPhone11 Proの分解して分かったこと」について記事にしていきます!

実際に動画もアップしているので、そちらも合わせて見て頂ければと思います!

スポンサーリンク

偽物のiPhone11 Proとは

まず偽物のiPhone11 Proの外観はこんな感じです。

こちらの偽物のiPhone11 ProはGooPhoneという中国の企業が販売しているものとなります。

リンゴマークが入っていて完全にダメだろ…って感じのデザインです。

化粧箱もめちゃくちゃAppleでしたからね…笑

よく見ると作りは荒っぽいですが、外観だけパッと見せられるとiPhone11 Proその物です。

 

スペックは以下の通りです。

・システム:Android
・CPU:Quad Core
・RAM:1GB
・ROM:16GB
・ディスプレイ:6.5インチ(1280×720)
・カメラ:8.0MP
・バッテリー:2100mAh
・動画撮影:720P
・SDカード:32GB
・SIM:Dual SIM

数年前のスマホのようなスペックをしています。

本物のiPhone11 Proのスペックには遠く及びませんが、フェイク品としては上出来です。

 

実際にこの偽物のiPhone11 Proをレビューした動画もスマライフのYoutubeチャンネルにアップしているので、興味のある方は是非見てみて下さい。

 

AndroidOSをカスタマイズし可能な限りiOSに寄せたものとなっているので、電源を付けてもiPhoneのようなデザインです。

しっかりノッチのディスプレイも再現され、動きはスペック的にもっさりしていますが9,500円にしては上出来です。

偽物のiPhone11 Proを分解してみた

では、実際に偽物を分解していこうと思います。

 

まず、iPhoneは基本的に画面から分解するのですが、こちらの偽物は背面から分解する形でした。

他のAndroidによくあるパターンですね。

ちなみに本物はこんな感じです。

引用:ifixit

開けた感じは

全くの別物ですね。

バッテリーにはPSEマーク表示が無く、見たら分かる粗悪品です笑

 

ここからどんどん分解していきます。

赤丸で囲った所が三眼カメラなのですが、3つある内の2つはフェイクとなり1つのカメラで撮影をしています。

USBの所も分解してきます。

この偽物のiPhone11 ProはライトニングコネクターでiPhoneと同じ充電ケーブルで充電が可能です。

 

Androidでライトニングタイプの充電口は私も始めてみました。

もちろん本物はこんなちゃっちい作りはしていないですが、しっかり充電が出来るのでコレ専用に作った充電パーツなど思われます。

バラバラにするとこんな感じです。

 

CPUとかを覆っているシールドは半田付けされていたので確認は出来なかったですが、基板自体は部品が殆ど実装されておらず、スペック的に妥当な作りでした。

基板をよく見るとSDスロットが確認出来ました。

しかし、こちらは使用できずただの飾りでしたね…

 

恐らく、他のAndroid機種の基板をそのまま使用している可能性もあります。

外装にあうような基板を見つけてきているかもしれません。

 

分解のより詳細なレビューはYoutubeチャンネルの動画をご視聴頂ければと思います!

スポンサーリンク

外観はiPhoneで中身はただの動くスマホ

このiPhone11 Proを色々見て検証してみましたが、外観はiPhoneで中身はただの動くスマホでした。

日常的に使うのは勿論無理で、性能的にiPhone5ぐらいではないですかね…

謎にAppleIDとかを入れる所とかもありましたが、怖くて入れれなかったです笑

 

ただ、中国のコピー技術は凄いと思いました。

著作権的には全然アウトですが、こうして作られるのは凄いと思います。

しかもこのiPhone11 Proは本物が発売される前からあります笑

リークされた情報を元に作られているか完成品の外装データ自体をある程度、極秘で持っていたかです。

本当に外観はそっくりですからね…

 

使うのは無理ですが、おもちゃとしては良いものではないでしょうか!

日本の市場では出回ってないですが、海外の市場からiPhoneを買う時は注意が必要です。

スポンサーリンク
LIFE スマホ情報
スポンサーリンク
スマライフ
タイトルとURLをコピーしました