iPhoneから音が出ない!対処できる故障とできない故障とは?

iPhoneの故障・修理

「通話中に相手の声が聞こえない」

「スピーカーから音が出ない」

「イヤホンから音が出ない」

などなど、iPhoneのオーディオ関係の故障は様々です。

故障箇所と内容をしっかり把握していないと直すことが出来ません。

 

今回は修理屋が教える「素人でも対処できる故障と出来ない故障とその対策」についてご紹介!

スポンサーリンク

まずiPhoneのどの部分から音が出ていないか?いつから出なくなったのか?を調べる

iPhoneの「音が出ない場所はどこか?」「何をきっかけに音が出なくなったのか?」

をまずは調べて下さい。

・メインスピーカーから音が出ていないのか?

・通話の時のイヤースピーカーから音が出てないのか?

・イヤホンから音が出ないのか?

iPhoneで音が出る場所は「メインスピーカー、イヤースピーカー、イヤホン」です。

 

そして、「音が出なくなったのはいつからか?」「何をしてからか?」もしっかり調べて下さい。

・落下後から

・水没した記憶がある

・アップデート後から

など、これらの原因によっても修理方法・対策方法は異なります。

では、つぎに対策方法について見ていきましょう!

iPhoneから音が出なくなった時の対策方法

各故障別の対策方法をご紹介する前に確認すべき点を見ていきます。

iPhoneから音が出なくなった時に確認すべき点

iPhoneから音が出なくなった時にまず下記のことを全部調べてみて下さい。

・サイレントモードになっていないか?

・音量が最小になっていないか?

・イヤホンであれば他のイヤホンでも音が出ないか?(イヤホン自体が壊れている可能性もあります。)

・Bluetooth機器に勝手に接続して接続機器から音が出ていないか?

これら4つは必ず確認して下さい!

 

全て確認しても音が出ない場合は次の原因を疑いましょう。

iPhoneが落下後、音が出なくなった時の対策

落下後に音が出なくなることが一番多い箇所は通話の時のイヤースピーカーです。

メインスピーカーやイヤホンジャックはあまり壊れることがありません。

 

イヤースピーカーは画面直下に付いているため画面が割れたりするぐらいの衝撃が加わると簡単に壊れてしまいます。

物理的破損の場合は交換するしかないので、修理するまでの期間はイヤホンBluetoothイヤホンなどで通話をして下さい。

修理屋が教える スマホで通話時に相手の声が聞こえない時の対処法!
電話をしてる時に 「あれ?相手の声が聞こえない…」 こんな症状になってしまった方はいませんか? 通話が出来ないと滅茶苦茶不便ですよね。 携帯としての根本的な機能が使えなくなるということです。 こ...

 

修理方法については後でご紹介します!

スポンサーリンク

iPhoneが水没後、音が出なくなった

iPhoneが水に浸かってしまった後に音が出なくなった場合は水没が考えられます。

防水性能があっても水没してしまう可能性があるので注意して下さい。

 

水没の場合は全オーディオ部品に異常が出る可能性があります。

 

正直な所水没してしまった場合は対策や修理をせずに起動していればバックアップを取って買い替えてもらった方がいいです。

理由については以前記事でもご紹介しています。

修理屋が教える!スマホが水没して電源が入らない時の対処法!
これから夏本番を迎え、海やプールに行く機会が増えていくと思います。 そこで心配なのがスマホ(iPhoneやAndroid)の水没です。 私は修理屋で働いていますが、毎年夏になると水没修理の件数が跳ね上がります。 そ...

iPhoneをアップデート後、音が出なくなった

iPhoneを最新のiOSにアップデートしてから音が出なくなった場合はソフトウェアの不具合が考えられます。

その場合は一度バックアップを取ってから復元(初期化)を試してみて下さい。

iPhone機種変更時のバックアップと復元方法 - データ移行 | LINE・Suicaに注意 | Beyond(ビヨンド)
iPhone機種変更時に必要となるデータの移行方法をはじめ、バックアップや復元方法、LINEのトーク履歴やSuicaなどの注意点について写真付きで解説します。iOS12.4以降、データの移行は簡単になりましたが、バックアップの重要性に変わりはありません。正しいやり方をしないとデータが消えてしまうのでしっかりと覚えておき...

 

万が一、復元をしても改善しない場合は今現在のバージョン自体の不具合なので次のアップデートを待ちましょう。

iPhoneから音が出なくなった時の修理方法

iPhoneから音が出なくなった時の修理方法は2つあります。

Appleの正規サービスで修理する方法

iPhone購入時にApple Care+に加入していれば安く修理できるかもしれません。

iPhone の修理 - Apple サポート 公式サイト
iPhone の修理が必要なときは、お近くの Apple Store や Apple 正規サービスプロバイダへ。このページでは、修理サービスの方法、料金、所要時間、その他についてご案内します。

 

しかしAppleは基本的に故障箇所全てを修理するため、他に不具合が見つかればそこも修理されます。

例えば画面割れがあれば画面も一緒に修理のなるので、料金が高額になる可能性もあります。

 

万が一、修理が出来ないと判断され端末交換になったり、AppleCare+に加入していない場合も修理料金は高額になります。

では、Appleで安く修理出来ない場合はどのように修理すれな良いのでしょうか?

スポンサーリンク

専門の修理業者に依頼をする

Apple以外で修理するのであれば、非正規の専門修理業者に依頼をして下さい。

「iPhone スピーカー 修理」、「iPhone 修理」などで調べてもらえれば沢山出てきますが、検索上位に来ているお店の方が信頼度が高いので、ある程度実績があるお店に依頼をしましょう!

 

こういったお店では即日データも消さずに修理が出来ることが売りなので、Appleで時間がかかると言われたり、端末交換になってしまった場合はこういったお店に依頼をするようにしましょう!

値段も機種によりますが、5,000円~15,000円程で済みます。

 

しかし、非正規修理業者で修理を受けると公式のサポートが受けれなくなるのでそこだけ注意して下さい!

iPhoneのスピーカー修理も永久保証されるモバイル保険とは?

スマライフでは過去にモバイル保険について記事を書いています。

モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある
こんにちは! スマライフです。 スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。 皆さん、スマホの保証には入られているでしょうか? 恐らく、一番多いのはキャリアの...
モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり
モバイル保険について以前 「モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある!」 という記事でご紹介致しました! 本日は以前記事ではご紹介出来なかったモバイル保険の魅力についてより詳しく解説してい...

 

もし今後、端末の修理を無料で受けたい場合はモバイル保険への加入を強烈におススメします。

 

スピーカー修理自体の修理料金はそこまで高くありませんが、このモバイル保険に加入してると様々な修理が実質無料で受けることが可能です。

 

修理内容の中には高額になる修理も存在するので、この保険に入っていれば年間10万円までの修理料金を月額700円払うだけで保証されるのです。

さらに+2台端末を副端末として登録でき、そちらは年間3万円まで保証されるサービスとなります。

なので、スピーカーの修理費用を全額カバーしてくれます。

 

しかも、修理不可だった場合でも最大25000円を補償してくれます!
(端末の購入金額や修理内容にもよります。)

 

そしてありとあらゆる電子機器(通信可能なもの)を補償対象機種として加入することが可能です。

昨今スマホの価格も向上しそれに伴い修理料金も高騰しています。

月額700円のみで加入出来るので入って損はないでしょう。

 

●契約可能なモバイル端末
スマートフォン/ガラケー/ノートPC/タブレット/ゲーム機/Bluetooth機能搭載ヘッドフォン・イヤフォン・スピーカー/スマートウォッチ・スマートグラス/ワイヤレス キーボード/ワイヤレス ペンタブレット/ワイヤレス プロジェクター/ルーター・モバイルルーター/WiFi機能搭載テレビ/メディアストリーミング端末/デジタルカメラ・ビデオカメラ・一眼レフカメラ・ウェアラブルカメラ(WiFi・Bluetooth機能搭載)/カーナビ/ドライブレコーダー/ワイヤレス走行距離計/無線機器・トランシーバー/ワイヤレストランスミッター/Bluetoothレコーダー/Bluetooth体重計・血圧計/Bluetoothなわとび/Bluetooth放射線測定器/ワイヤレス 魚群探知機/ワイヤレス セキュリティカメラ/ワイヤレスLED/ワイヤレスマイク/・・・などなど

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

 

とは言っても保険に入っていれば安心ですが、やはり壊さないのが一番です。

スマホを壊さないように大切に使って下さいね!

タイトルとURLをコピーしました