モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり

スポンサーリンク
スマホの豆知識

モバイル保険について以前

「モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある!」

モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある
スマホの保険は皆さん入られていますか?iPhoneやAndroidの修理費用は場合によってはかなり高額になることがあります。そんな時にモバイル保険に入っていれば修理をタダで受けることが可能です。今回はモバイル保険の概要について記事にしていきます。

という記事でご紹介致しました!

 

本日は以前記事ではご紹介出来なかったモバイル保険の魅力についてより詳しく解説していこうかと思います!

他社の保険サービスの比較も行っていきます!

ではいってみましょう!

スポンサーリンク

モバイル保険に入るメリット

まず簡単にモバイル保険について説明すると、この保険サービスは月額700円で1台の端末を10万円まで保証できるというサービスです。

さらに+2台端末を副端末として、登録できそちらは年間3万円まで保証できるサービスとなります。

 

通信ができる電子機器であればどんなものでも登録は可能で、ゲームだったりスマートウォッチ(Apple Watchなど)も登録することが可能です。

 

モバイル保険の説明については以前の記事で詳しくまとめているので、そちらをお読み下さい。

モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある
スマホの保険は皆さん入られていますか?iPhoneやAndroidの修理費用は場合によってはかなり高額になることがあります。そんな時にモバイル保険に入っていれば修理をタダで受けることが可能です。今回はモバイル保険の概要について記事にしていきます。

 

では、モバイル保険と他社の保険ではどのような部分で違うのでしょうか?

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

モバイル保険と他社の保険を比較

モバイル保険は他社の保険とどのような部分で違うのでしょうか?

 

比較していきたいと思います。

(比較対象機種はiPhoneとします)

モバイル保険と他社の保険を比較:月額

・モバイル保険:700円/月
・ケータイ補償サービス for iPhone & iPad(Docomo):648円~810円/月
・AppleCare+ &au端末サポート(au):764円~1,285円/月
・あんしん保証パック with AppleCare Services(Softbank):896円~1,252円/月
・Apple Care+(Apple):950円/月 【24,624円の2年契約を分割】

キャリアやメーカーの保証は機種によって月額がバラバラです。

*時期によって値段が変更される場合もあるのであくまで参考程度に考えて下さい。

最新機種になるほど、月額の負担は増えます。

 

しかし、モバイル保険は古い機種や最新機種問わず、一律の料金(月額700円/月)となります。

モバイル保険と他社の保険を比較:免責

免責とは自損してしまった場合、ある一定の負担額のみで修理や交換ができることを指します。

 

・モバイル保険:10万円までなら免責無し(修理可能な場合)
・ケータイ補償サービス(Docomo):iPhone 6以前:8,100円  iPhone 6s以降:11,880円
・AppleCare+ &au端末サポート(au):画面割れ:3,400円 その他損傷:11,800円
(自然故障は0円)
・あんしん保証パック (Softbank):画面割れ:3,400円 その他損傷:11,800円
・Apple Care+(Apple):画面割れ:3,400円 その他損傷:11,800円

これを見て頂いたら分かるように他の保険会社は保証に入っていても、自損の場合はある一定額を負担しなければなりません。

 

モバイル保険は10万円までなら、一切の負担は必要ないので免責の面ではかなり強いです。

モバイル保険と他社の保険を比較:補償回数

・モバイル保険:年間10万円までなら無制限
・ケータイ補償サービス(Docomo):1年間で2回
・AppleCare+ &au端末サポート(au):2年間で2回ずつ
・あんしん保証パック (Softbank):2年間で2回ずつ
・Apple Care+(Apple):2年間で2回

となります。

 

基本的に回数制限があるため、よく画面を割ってしまう人は利用回数をオーバーしてしまう可能性があります。

モバイル保険はその点、回数ではなく金額ですので高額な修理を連発しない限り、複数回修理することが可能です。

スポンサーリンク

モバイル保険と他社の保険を比較:補償の範囲

・モバイル保険:画面割れ、起動不良、水没、修理不可、盗難、全損
・ケータイ補償サービス(Docomo):画面割れ、水没、盗難
・AppleCare+ &au端末サポート(au):画面割れ、水没、全損
・あんしん保証パック (Softbank):画面割れ、水没、全損
・Apple Care+(Apple):画面割れ、水没、全損

補償の範囲は全社似たり寄ったりとなります。

盗難にあった際も保証してくれるのは大変ありがたいです。

 

モバイル保険はほぼ全ての故障に対して保証をしてくれます。

*バッテリー劣化によるバッテリー交換や擦り傷などの端末動作に影響が無い修理は保証されません。

モバイル保険と他社の保険を比較:その他

その他には冒頭でもお伝えしたようにモバイル保険は最大3台(月額700円)までを保険にかけることができます。

他の保険会社は基本的に購入端末のみとなります。

 

モバイル保険はそもそも電子機器にかける保険ですので、通信できる端末であればPCやゲーム機等に保険をかけることも可能なのです。

 

メーカー・キャリア補償は端末やキャリアを変更すると自動で解約となります。

また補償期間も決まっている為、期間満了後は保証が一切無くなってしまいます。

 

しかし、モバイル保険は端末・キャリアを変更しても継続的に保証を受けることができます。

新しい端末を購入した場合でもちょっとした登録変更で半永久的に保証が受けられるのはかなり大きいです!

まとめ

モバイル保険は他の保険プランと比べても圧倒的に有意なサービスとなっています。

基本的に保険のみサービスを提供しているので、ここまで手厚く出来るのだと思います。

スマホやPCの保険サービスは沢山ありますが、最大3台まで入れることによって1つの保険サービスで手持ちの端末を全て一括で管理出来るのが良いです。

沢山あると分からなくなるので…

 

入るか入らないかは勿論ご自由ですが、高い端末に何も保険をかけず使用するのは個人的に精神衛生上あまりよくないと思っています。

保険サービスにまだ加入していない方は是非ご検討してみては如何でしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました