モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある

スポンサーリンク
スマホ情報

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

皆さん、スマホの保証には入られているでしょうか?

 

恐らく、一番多いのはキャリアの保証(○○安心パックなど)やメーカーの保証Apple Care+)などでしょう。

保証内容にもよりますが、月額料金的は似たり寄ったりとなってくると思われます。

この保障は端末修理や破損状況が酷く端末を交換した場合、安く修理・交換してくれるものとなります。

 

通常であれば全然このキャリアやメーカーの保障で大丈夫なのですが

例えば、メーカーの修理でデータが消えると言われ、メーカーやキャリア以外で修理受付をする場合はどうでしょうか?

いわゆるメーカーのデータ保持対象外の修理です。

データを維持したまま修理となると、メーカー以外の非正規店修理業者での修理となります。

その場合はメーカーやキャリアの保証は適用されません

 

そんな時、便利なのがモバイル保険というサービスです。

モバイル保険は月額700円メーカー修理、メーカー以外での修理問わず端末を年間10万円まで保証してくれます。

今回はこの「モバイル保険」というサービスについて見ていきます。

スポンサーリンク

月額700円で入れるモバイル保険のメリットとは?

モバイル保険のメリットはいくつかあります。

順番にご紹介していきます。

モバイル保険のメリット1:メーカーやキャリアの保証対象外修理でも使える!

これは冒頭でも書きましたが、メーカーやキャリアの保証というのは

そのキャリア(DocomoであればDocomo)、メーカー(AppleであればApple)でしか使用が出来ません。

 

しかし、モバイル保険はそういったものが関係なくサービスを利用することが可能です。

車などの保険のスマホバージョンと思ってもらえればと思います。

自動車保険に入っていれば、車種や修理内容に関係なく保険が下りますよね。

それと一緒です。

 

なので、メーカーやキャリアでデータが消えると言われ、それが嫌で他の非正規修理業者で依頼した場合でもそこでかかったお金が後で戻ってきます。

モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり
皆さん、スマホ(iPhoneやAndroid) の保険は入っていますでしょうか?保険に入っていないと壊れた時に高額の修理代金を要求されることがあります。今回は無線機器専門(スマホ)の保険サービス「モバイル保険」のついてご紹介していきます!他社の保証サービスとの比較もしていきます。

モバイル保険のメリット2:月額700円で1台の端末を10万円まで、同料金で+2台追加可能!

ここが、大きなメリットとなります。

 

通常の保障は1台の端末(購入端末)にしか保険をかけることが出来ないですが、モバイル保険は1台の端末を年間10万円まで、+2台追加でき、追加した端末は年間3万円まで補償されます。

そして、追加する端末は

スマートフォン・タブレット端末・スマートウォッチ・ノートパソコン・モバイル音楽プレーヤー・携帯ゲーム機・モバイルルーター

などなど、無線通信が可能なモバイル端末であればどんな端末でも大丈夫なのです!

 

これがモバイル保険の凄い所です。

もちろん、1台目に登録する端末もモバイル端末であればどれでも大丈夫です!

モバイル保険のメリット3:故障内容はどんなものでもオッケー!盗難保証にも対応!

画面の破損や水没修理、その他起動不良からの復旧、基板の修理などなど

様々な修理状況において発生した修理料金を補償してくれます。

 

そして、盗難被害に合った場合にもしっかり書類を用意すればその際の被害額を補償してくれます。

これは通常の保証サービスではありえないことなので、これもモバイル保険の強みといっていいでしょう!

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

モバイル保険のメリット4:修理不可の場合でも最大25,000円まで補償

こんなに充実した補償サービスにも関わらず、最後に修理不可になった場合も保証してくれるのです。

 

基本的な保証サービスであれば、修理可能であればその修理代金を保証してもらえますが、修理不可だと一切の保証を受けることが出来ません。

例えば、原型をとどめていないぐらいの破損だったり、高度な修理プログラム(基板修理等)で修理不可だった場合でも、最大25000円を補償してくれます!
(端末の購入金額によって補償金額は上下します。端末の価格が25,000円を超えていれば25,000円戻ってきます。)

 

修理不可になった場合でも保証してくれるのは大変手厚いです。

スポンサーリンク

モバイル保険の加入条件

ここまでモバイル保険の魅力をご紹介してきましたが、加入するための条件はどんなものなのでしょうか?

これで加入条件が厳しかったら嫌ですよね…笑

モバイル保険ってどうなの?必要か不要かを考える
モバイル保険は月額700円で10万円まで端末を補償してくれるサービスです。しかし、巷では「本当に必要なのか?」「月額700円を払う価値があるのか?」と言われています。今回は「モバイル保険は本当に必要か?不要か?」について考察していこうと思います!

モバイル保険に加入するための条件は以下となります。

無線通信が可能であること(通信が出来ない機器は不可)
・現在、正常に動いている端末(壊れている端末は先に修理しないと加入が出来ません。)
・購入してから1年未満であること(中古端末は基本的に不可ですが、中古端末販売店の保証期間が3ヶ月以上あれば加入可能。モバイル保険提携修理店で修理して正常に動作が確認できれば1年以上でも加入可能です。)

このように加入条件は至ってシンプルです。

モバイル保険で対応できない内容は?

モバイル保険で保険が降りない修理は以下になります。

バッテリーの劣化

モバイル保険で対応できないのは経年劣化による端末の破損です。

バッテリーの劣化等によるバッテリー交換にかかった費用は保険が下りません。

修理部品調達不可な端末

古い機種など修理部品が調達不可の端末で修理不可となった場合は保険金は支払われません。

中古端末で登録する際は注意が必要です。

データ復旧サービスの特殊修理

内部の消してしまったデータなどを復元するデータ復旧サービスなどは保険対象がとなります。

他の保険対象外の内容について知りたい方は一度修理する前にモバイル保険にお問い合わせすることをおススメします!

https://mobile-hoken.com/faq.html

モバイル保険に入って安心のデジタルライフを!

昨今、端末の価格も上がり修理費用も同時に高騰しています。

壊さなければ勿論、修理にお金を払わなくて済みますがいざとなったときに万単位で支払いがきます。

必ず入らなければならないものでは無いですが、月額700円(年間8,400円)という安い料金で安心して端末を使えるとなると精神衛生上良いのではないでしょうか。

 

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

タイトルとURLをコピーしました