【解説】iPhoneXのバッテリーを大容量に自分で交換してみた

スポンサーリンク
iPhoneトラブル

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

今回はiPhoneXのバッテリーを自分で大容量に交換する手順を記事にしていきます。

iPhoneXは発売されてから2年以上経つので発売当初に買った人はそろそろバッテリーの交換時期に入っているはずです。

交換する方法はいくつかあるので、そちらも紹介しながら「自分でiPhoneXのバッテリーを交換する場合」の手順についてもご紹介していきます。

 

●この記事で分かること
・iPhoneのバッテリーが劣化すると何が起こる?
・iPhoneXのバッテリー交換をするにはどの方法がオススメ?
・iPhoneXのバッテリーを自分で交換する方法
スポンサーリンク

iPhoneのバッテリーが劣化すると何が起こるのか?

交換方法を説明する前に

「iPhoneのバッテリー劣化が起こると何が起こるのか?」

について見ていきたいと思います。

バッテリーが劣化するとパフォーマンスが落ちる

iPhoneは設計上バッテリーが劣化すると端末のパフォーマンスを落とすようになっています。

これはAppleの公式WEBにも記載があります。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス
iPhone のパフォーマンスとバッテリーとの関連性についてご説明します。

全ての機能のパフォーマンスが落ちる訳では無いですが、そこまで使用に必要が無い動作のパフォーマンスが落ちます。

急なシャットダウンを防ぐためにシステム側が制御しているような形となります。

 

設定→バッテリー→バッテリーの状態からバッテリーの最大容量が確認でき、そこに表示されている容量がおおよそ80%前後になってくるとパフォーマンスが低下する恐れがあります。

2年前後で80%程となるのでそのタイミングでバッテリー交換や機種変更をする人が多いのです。

では、バッテリーが劣化した状態で更に使用をするとどのようなことが起こるのでしょうか?

起動不良などの致命的な故障に陥る

劣化したまま使用を続けると電源が入らなくなる等の致命的な故障に繋がる恐れがあります。

バッテリーが完全に破損、劣化してしまい端末に電力を供給できなくなっている状態です。

もちろんバッテリーの問題であればバッテリーを交換すれば再度起動することは可能ですが、急に端末が使えなくなっては非常に不便ですよね。

なので、そうなる前に交換が必要なのです。

iPhoneのバッテリー状態を確認し交換時期を調べる方法!目安はいつ頃?
iPhoneを購入から1~2年経ち、バッテリーの減りが早いと感じたことはありませんか?体感で早く感じてもまだ交換時期ではない可能性があります。交換時期の目安を完璧に把握するには純正のバッテリー状態確認を使います。今回は「iPhoneのバッテリーの状態を調べ、交換時期を把握する方法」をご紹介していきます!

iPhoneのバッテリーを交換する方法や場所

iPhoneのバッテリーを交換する方法は3つあります。

Appleや正規プロバイダーで交換してもらう

Appleではバッテリーの交換プログラムを実施しています。

iPhone のバッテリー交換 - Apple サポート 公式サイト
バッテリーに問題があるときは、Apple 正規サービスプロバイダで iPhone のバッテリーを交換できます。

 

比較的安い値段で行ってもらえますし、時間も混み具合や在庫状況によってはその場で行ってくれるとのことです。

ただ、端末に損傷(画面割れや背面割れなど)があった場合は行ってもらえず、あとバッテリーが劣化し起動ができない状態でも修理は行ってくれません。

基本その場ですが、やはり混んでいると数日かかってしまったりする場合もあるのでもっと気軽に交換したい場合は以下の方法があります。

非正規修理業者に依頼をする

非正規修理業者とはその名の通り正規店以外のスマホ専門修理業者のことです。

街中の非正規修理店で修理するリスクとメリットを徹底解説!
「iPhoneの画面が割れた…正規店は高いし非正規店に頼もう」「Xperiaのバッテリー交換を非正規店に頼む」など、街中のスマホ専門業者に修理を依頼する人は多いのではないでしょうか。そういった修理屋のリスクとメリットはどのようなものなのでしょうか?実際に非正規修理店で働いていた私が徹底解説していきます!

 

このような業者は街中に多数あり、基本即日でデータも消さずに修理を行ってくれます。

私もこのような修理業者で働いているのですが、iPhoneのバッテリー交換なら1時間程で完了します。

画面に損傷があった場合は受け付けてくれるかは分かりませんが(iPhoneが画面から分解のため)、基本他の損傷があってもバッテリー交換は受け付けてくれます。

起動ができない等のトラブルも修理が可能ですので、Appleなどの正規店で取り扱ってもらえなかった故障がこういった修理店に流れてくるイメージです。

 

では最後に本日の本題

スポンサーリンク

iPhoneXのバッテリーを自分で交換してみた

では、最後の方法「自分で交換する場合はどうするのか?」について書いていきます。

まずは方法を説明してからリスクについても書いていきたいと思います。

iPhoneXのバッテリーを自分で交換してみた

では、iPhoneのバッテリーを自分で交換していきましょう。

まず、交換する前のバッテリー容量がこちら

最大容量が86%となり、減りも早く感じてきている頃です。

ここから分解をしていきます。

下部の星ネジを取り、パネルを開けていきます。

パネルを開ける際は画面を壊さないように作業はかなり慎重に行わないといけません。

やったことがある人なら簡単にできると思いますが、初見でする人はここが一番難しいと思います。

画面がこのように正面右側に開くので、画面のコネクターやバッテリーのコネクターが差さっているシールドのネジを外していきます。

外したらバッテリーのコネクターを先に外すようにして下さい。

*バッテリーを抜かずに作業をすると最悪ショートして端末が起動不可になる恐れもあります。

本体と画面が分離できたらバッテリーを本体から外していきます。

バッテリー下部に2つ、上部に1つの両面テープで固定されているので、ピンセットを使用して巻き取るか背面をドライヤーで温めてヘラでバッテリーを外していきます。

*この際ピンセットやヘラでバッテリーを刺したりしないように注意して下さい。最悪の場合発火事故などの重大なトラブルに繋がる恐れもあります。

バッテリーの下にはこのようなケーブルが多数通っているので、この線も切らないように注意が必要です。

ここから取り寄せたバッテリーを取り付ける前にしっかり充電できるかの動作確認を行っていきます。

ちなみに今回使用したバッテリーはこちら

・iPhone X専用 交換用大容量バッテリー(3000mAh)

仮付で充電確認と最大容量を見ていきます。

最大容量は交換した段階で表示されない場合がありますが、10%程充電すると計算され問題なく表示されることが殆どです。

 

動作確認が終われば本体にバッテリーを取り付けていきます。

バッテリーに付属のシールを貼り付けていき、コネクターの位置をしっかり本体にハマるように調整して圧着していきます。

次に防水テープも貼り付けます。

*分解の行為によってメーカー水準の防水性能を保てなくなりますが、この防水テープを貼ると貼らないでは水没のしにくさが変わってきます。バッテリーの部品に付属でついてなければ別途で買うようにしましょう。
・iPhoneX 防水テープ

最後に元通りに組み立ててバッテリー交換は終了です。

 

今回大容量バッテリーを使用しましたが、正直バッテリーの容量はバッテリーに搭載されているコンピューターチップでごまかしがきくので、本当に容量アップ品がどうかは分かりません。

なので、過度な期待はせず前よりは持ちが良くなると考えておきましょう。

自分でバッテリー交換をするリスク

では最後にバッテリー交換を自分でするリスクについてお話していきます。

私は修理屋で働いている経験からバッテリー交換は容易に行えますが、やはり初見ではある程度リスクが伴います。

・コネクターを取るときに基板を傷つけてしまう
・バッテリーを外さずに誤って作業をしてしまう
・分解時、画面や他のパーツを破損させてしまう

などバッテリーを交換する時に他のトラブルに陥ってしまう可能性があります。

 

なので、可能であれば専門の修理業またはAppleのリペアサービスを利用するのがベストです。
もし、自分でやる場合はしっかり下調べをして壊さないように慎重に作業をしましょう。

そして、やる場合はあくまで自己責任でお願いします。

 

✔︎スマライフのYoutubeチャンネルでもiPhoneXのバッテリー交換の手順を詳しく解説しています。興味のある方は是非そちらもご視聴下さい!

タイトルとURLをコピーしました