iPhoneのバッテリーを無料で交換するには購入時の保証が重要!

スポンサーリンク
スマホ情報

皆さん、あけましておめでとうございます!

本年もスマライフを宜しくお願い致します。

 

本日の記事は意外と知らない人も多い、Appleストアでのバッテリー交換の料金についてです。

2018年末でAppleストアで3,200円から受けられるバッテリー交換サービスが終了しました。

忘れていた方、予約が出来なかった方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、2019年からもバッテリー交換は比較的安い値段ですることが可能です。

本日はバッテリー交換サービスの予約の仕方値段について見ていきましょう!

スポンサーリンク

モデルによってはiPhoneのバッテリー交換は無料もしくは格安で交換可能!

 

元々は一律8,800円だったので、2019年から値段が戻ってしまうと思っている方も多いと思いますが、iPhone8Plus以前のモデルは5,400円と比較的リーズナブルな価格で交換することが可能です

 

この5,400円はApple Care+に入っていない方もしくは保証が切れてしまった方の価格であり、Apple Care+が有効であれば2019年も無料で交換することが可能です!

 

Apple Care+が無効の方は去年の末まで行っていた特価3,200円には少し及びませんが、2,000円程しか変わりはないので、交換する価値はあります。

iPhoneX以降のバッテリー交換は7,800円もしくは無料

 

iPhoneX以降の価格は2019年から7,800円となります。

Apple Care+に入られている方は無料で交換することが可能です。

 

iPhoneX以降のシリーズはXのみ2018年末まで3,200円で交換出来たので、他の機種に比べて大幅な値上がりとなり少し残念ですが、まだ発売されて1年程なので発売当初に買っていたとしてもまだバッテリーの劣化はしてない可能性が高いです。

 

iPhoneXS,XSMAX,XRを持っている人は去年と変わりありません。

スポンサーリンク

AppleでiPhoneのバッテリー交換を申し込むやり方

 

まずはAppleの公式サイトにアクセスします。

(下記URLもしくは”Apple バッテリー交換”と検索しましょう!)

iPhone の修理 – バッテリーと電源

開いたページで”バッテリー交換を申し込む”をクリック

 

バッテリー交換の場合は店頭修理か郵送修理を選択します。

交換は店頭修理の方が早く終わります。

 

 

Appleも推奨しているので今回は店頭修理を選択。

 

 

次にAppleIDとパスワードを入力しログインします。

 

 

次に住んでいる地域を入力し交換できる場所を検索します。

 

この画面になりましたら、”予約空き状況”をクリックしましょう。

Appleストアだけでなく、Apple正規サービスプロバイダでも交換できるため選択できる場所は多いです。

一番近いお店を選び、希望の時間をクリック。

クリックすれば予約完了となります。

(間違った場合完了画面でキャンセルと時間変更ができるのでご心配なく。)

 

後は指定のお店・時間にiPhoneを持ち込めば交換ができます。

交換時間は混み具合にもよりますが、2時間~3時間程です。

パーツが無かった場合は取り寄せに1週間程かかるらしいので注意が必要です。

iPhoneを預ける際に”iPhoneを探すをオフ”にしないといけないですが、この辺はスタッフが細かく教えてくれるのでご心配なく。

 

郵送の場合は3日~6日かかるので、サブ機を持ってない方は店頭修理の方が良いです。

交換後はパフォーマンスが回復するので、バッテリー持ちは良くなります。

 

最後に1つ注意しないといけないのが、画面が割れていたりフレームが変形していたりすると交換不可になったり、追加料金が発生する場合もあります。

交換に行く前、簡単に自分の端末をチェックしておきましょう!

結局、Apple Care+に入っていた方がいい

バッテリー交換が無償になるにはApple Care+への加入が必須となります。

Apple Care+はバッテリーの他にも画面交換なども安く修理が受けられるようになります。

 

加入料金は少々割高ですが、iPhone自体の価格の向上から修理料金の向上も見られます。

なので、これから購入する方で特にiPhoneX以降の10万円越えの端末を購入する場合はしっかり保証に入っていきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました