【必見】iPhoneXSが値下げ!?iPhone11と徹底比較

コラム

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

スマライフ【SMALIFE】
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者13,000人を超えました! 総再生回数は300万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

現在、ヨドバシカメラでiPhoneXSが安売りされています。

https://www.yodobashi.com/product/100000001005259035/?gad1=&gad2=g&gad3=&gad4=56278881131&gad5=14255867087635864478&gad6=&gclid=Cj0KCQiAqY3zBRDQARIsAJeCVxN9tZ1LqtBpV2faaTpIz3IACtwtP9WzrlwA_ZErRBAoPf_0bVE47zkaAotbEALw_wcB&xfr=pla

64GBモデルが74,800円(税込)とかなり安く投げ売りされているような状況です。

*ビックカメラでも同じ値段で売られています。

 

発売当時は10万円前後しましたからね。

この値段はiPhone11と殆ど同額の値段ですので、どちらを買うか悩む方も多いと思います。

今回はiPhoneXSとiPhone11を徹底比較していきます。

スポンサーリンク

iPhoneXSとiPhone11の基本スペックを比較

まずはiPhoneXSとiPhone11のスペックを徹底比較していきます。

比較iPhone11iPhoneXS
発売時期2019/9/202018/9/21
CPUA13 BionicA12 Bionic
重量194g177g
ディスプレイ6.1インチ(液晶)
1,792×828ピクセル
(326ppi)
約5.8インチ(有機EL)
2,436×1,125ピクセル
(458ppi)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約1,200万画素約700万画素
メモリ
(RAM)
4GB4GB
ストレージ
(ROM)
64GB,128GB,256GB64GB,128GB,256GB
生体認証顔認証顔認証
防水防塵IP68IP68
バッテリー容量3,110mAh2,658mAh

 

パッと見るとiPhoneXSとiPhone11のスペック差はそこまで無いように見えます。

ここから詳しく差がある部分を見ていきます。

CPU(処理能力)が違う

iPhoneXSにA12 Bionic、iPhone11にはA13 Bionicが搭載されています。

もちろん最新のA13 Bionicの方が処理能力が高いですが、iPhoneXSのA12 Bionicもそこそこの処理能力があります。

恐らく一般的な使用では大きな差が出ないので分からないでしょう。

 

最新のゲームもどちらもサクサク遊ぶことが可能です。

CPUの処理能力に差はありますが、大きな差では無いです。

iPhoneXSが有機EL、iPhone11は液晶

iPhoneXSには有機ELが搭載され、iPhone11には液晶(Liquid Retina HDディスプレイ)が搭載されています。

Liquid Retina HDディスプレイも映りがよく綺麗ですが、やはり液晶の表示能力は有機ELの方が高いです。

人によっては液晶の方の映り方が好きという方もいますが、最大輝度や横から見た時の見えやすさ発色の良さはiPhoneXSに軍配が上がります。

 

しかし有機ELはその一方で落下などによる衝撃に弱く、通常の液晶より破損しやす一面をもっており、交換修理も液晶画面より高価になります。

万が一、画面が壊れた場合に財布に厳しいのはiPhoneXSですね。

カメラで出来ることが違う

iPhone11には「超広角レンズとナイトモード」が搭載され、iPhoneXSには「望遠レンズ」が搭載されています。

望遠レンズは最大2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームを使った撮影が可能です。iPhone11のレンズでは最大5倍までのデジタルズームのみとなります。

望遠レンズは恐らくそこまで頻繁に使うものでは無いと思いますが、iPhone11の超広角レンズとナイトモードはより使える場面が多いです。

 

そしてインカメラもiPhoneXSは700万画素でiPhone11は1200万画素となっており、自撮りに強いのもiPhone11です。

アウトカメラでの通常の撮影に大きな差は出ないですが、iPhone11の方がカメラ機能が豊富(使える機能が多い)でインカメラも強いです。

カメラの性能はiPhone11に軍配が上がります。

バッテリー持ちが違う

公式のバッテリー接続時間は以下になります。

・iPhoneXS ビデオ再生時間:14時間
・iPhone11 ビデオ再生時間:17時間

iPhone11の方がビデオ再生時間でみると3時間程長いです。

 

実際にiPhone11の方がバッテリー容量が多く省電力にも優れている為、当然の結果となります。

使用状況や環境にも左右されるので、一概に凄く良くなったとは言えないですがバッテリー持ちを気にする人はiPhone11の方が良いでしょう。

スポンサーリンク

本体の軽さと持ちやすさはiPhoneXSの方が良い?

スペック表の本体の大きさと重さをみるとiPhone11の方がゴッつくて重いです。

実際にiPhone11とiPhoneXSを触った人は分かると思いますが、iPhone11は男性の手のひらにギリギリ収まるかどうかという感じです。

女性の方は片手では難しいかもしれません。
手のサイズと合っていないと落とす危険性もあります。

持ちやすさはiPhoneXSの方に軍配が上がります。

おススメは意外とiPhoneXS?

一旦、上で紹介したiPhoneXSとiPhone11両者の優れている点をまとめてみます。

●iPhoneXSが優れている点
・画面が有機ELディスプレイ
・値段が税込みで8,000円程安い(64GB比較)
・持ちやすさとデザインはiPhoneXSの方が良い(主観)
●iPhone11が優れている点
・カメラ機能が豊富
・バッテリー持ちが良い
・処理能力がやや優れている

恐らく一番迷う点はカメラ性能だと思います。

カメラに限っては夜間の撮影や広角撮影を使用したい方はiPhone11一択となりますが、通常撮影で満足できる方はiPhoneXSでも全然綺麗な写真が撮れますし、撮った写真は有機ELディスプレイで見た方が綺麗に見えます。

バッテリー持ちに限ってはゲームをよくする方はいくらバッテリー持ちが良いとは言え、やはりモバイルバッテリーの持ち運びなどは必要になってくる可能性が高いです。

なのでこの2機種の大きな差はカメラとディスプレイになります。

 

iPhone11に有機ELディスプレイが搭載されていれば、iPhone11一択になる可能性が高いです。

有機ELディスプレイで撮った写真を綺麗に見たいゲームをより綺麗なディスプレイでしたい方はiPhoneXSとなるでしょう。

しかも今ちょっとiPhoneXS方が安いのが魅力的ですね。

デザインもiPhoneXSの方がスタイリッシュに仕上げられています。

iOSの更新もまだまだ対応はしますし、1年半ほど前の機種なのでまだ全然戦える機種です。

 

これからiPhoneを乗り換えようとしている方は是非今回の記事を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました