【故障対策】スマホの充電口を一生壊れないようにする方法とは

スポンサーリンク
Androidトラブル

こんにちは!

スマライフです。

 

先日このようなツイートをしました。

スマホの充電口はやはり壊れやすいですね。AndroidもtypeCになってから壊れやすさは少なくなったものの、毎日毎日使用しているとやはりダメになってしまいます。
しかも充電口の修理は意外に高いんですよね笑

スマホの充電口が壊れてしまって充電が出来なくなってしまったことはありませんか?

iPhoneやAndroidなど充電口の形状は各スマホによって違います。

毎日毎日充電を繰り返していると当然ですが、充電口は痛んできてしまいます。

突然充電が出来なくなるとスマホを使えなくなるので、非常に不便です。

 

今回は修理屋が教える「充電口を壊れにくくする方法」をご紹介していきます!

スポンサーリンク

スマホの充電口が壊れる理由

スマホの充電口が壊れる原因は2つ存在します。

スマホの充電口が壊れる理由1:経年劣化

恐らく、これが一番多いでしょう。

iPhoneの充電口は経年劣化には強くそこまで故障は多くありませんが、AndroidのMicroUSBを搭載したスマホは経年劣化による故障が非常に多いです。

最近のAndroidはtypeC型に移行されてきていますが、それでもiPhoneよりは少し故障率は高めです。

 

原因はUSBのパーツが本体に直付け(半田)されていることが多く、抜き差しの影響で半田が剥離してしまい、充電が出来なくなってしまいます。

iPhoneや一部のAndroidはUSBの部品がパーツとして分離されているため、そういったスマホは故障率が低いです。

 

2年~3年程使用していると劣化の傾向が出始めたり、使用環境によっては1年程で出る場合もあります。

角度によって充電が出来たり、出来なくなったりした場合は注意が必要です。

スポンサーリンク

スマホの充電口が壊れる理由2:外的損傷

もう一つは外的損傷です。

 

例えば、充電口に違う充電のタイプのものを差してしまったり、向きを反対に無理やり差してしまったりした場合に中のピンが折れて充電が出来なくなります

後は水没や粉塵などの影響でも充電が出来なくなることがあります。

差し込み口のピンが折れたり、錆びたりすると交換修理をしないと使えなくなります。

スマホの充電口を壊れにくくする方法

充電口を壊れにくくする方法は一般的には差し抜きの際に丁寧に慎重に扱えば、寿命というのは必然的に伸びます。

しかし、摩耗による経年劣化はどうしてもしてしまうので、以下の方法がおススメです。

ワイヤレス充電搭載のスマホは極力ワイヤレスで充電

最新のスマホはワイヤレス充電に対応しているスマホが殆どです。



ワイヤレス充電は充電口を使用しない充電方法ですので、充電口を痛めることはありません。

 

外出先では充電口から充電して、自宅ではワイヤレスで充電するのがベターです。

ワイヤレス非対応の場合はマグネットタイプを利用するとほぼ壊れない

これはあまり知っている人はいないのですが、充電口にマグネットタイプの充電口を差し込み、そこからマグネットで充電をします。

以下の商品がそのタイプです。


 

このマグネット充電器を充電口にずっと差しっぱなしにしておけば、あとはマグネットから充電が出来るので充電口に負荷がかかることはありません。

差し込みのマグネットも小さいためパッと見では付いているかどうか分からないです。

全ての充電口のタイプに対応しているので、このマグネットの充電器は本当におススメです。

 

もし充電が出来なくなった時の対処法は以前記事にしています!

スマホの充電ができなくなった時の対処法は意外に簡単!
スマホ(iPhone&Android)が充電できなくなったことはございませんか?充電が途中で途切れたり、充電ランプが点滅したりなどその充電ができなくなった状態、すぐに解決できるようになるかもしれません!今回は手軽にできる対処法を紹介していきます!
スポンサーリンク

充電口が壊れた時、モバイル保険に加入していれば修理は無料

スマライフでは過去にモバイル保険について記事を書いています。

モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある
スマホの保険は皆さん入られていますか?iPhoneやAndroidの修理費用は場合によってはかなり高額になることがあります。そんな時にモバイル保険に入っていれば修理をタダで受けることが可能です。今回はモバイル保険の概要について記事にしていきます。
モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり
皆さん、スマホ(iPhoneやAndroid) の保険は入っていますでしょうか?保険に入っていないと壊れた時に高額の修理代金を要求されることがあります。今回は無線機器専門(スマホ)の保険サービス「モバイル保険」のついてご紹介していきます!他社の保証サービスとの比較もしていきます。

 

モバイル保険に加入すると月額700円で1台の端末を年間10万円まで保証されます。

(一度使用して余った金額でまた壊れた場合はその余りの金額から保証されます。)

さらに+2台端末を副端末として登録でき、そちらは年間3万円まで保証されるサービスとなります。

 

このモバイル保険に入れば充電口の故障が実質タダで修理が出来ます!

勿論、他の画面割れやカメラ故障などの様々な修理にも保険が適用可能です。

充電口の修理は相場的には1万5000円~2万円ぐらいなので、そこまで大きな金額にはならないですが加入していれば10万円以下で無料になるので、入っては損は無いです。

 

万が一修理不可だった場合でも最大25000円を補償してくれます!
(端末の購入金額や修理内容にもよります。)

様々な修理・端末に対応可能なので、入って損はないでしょう!

●契約可能なモバイル端末
スマートフォン/ガラケー/ノートPC/タブレット/ゲーム機/Bluetooth機能搭載ヘッドフォン・イヤフォン・スピーカー/スマートウォッチ・スマートグラス/ワイヤレス キーボード/ワイヤレス ペンタブレット/ワイヤレス プロジェクター/ルーター・モバイルルーター/WiFi機能搭載テレビ/メディアストリーミング端末/デジタルカメラ・ビデオカメラ・一眼レフカメラ・ウェアラブルカメラ(WiFi・Bluetooth機能搭載)/カーナビ/ドライブレコーダー/ワイヤレス走行距離計/無線機器・トランシーバー/ワイヤレストランスミッター/Bluetoothレコーダー/Bluetooth体重計・血圧計/Bluetoothなわとび/Bluetooth放射線測定器/ワイヤレス 魚群探知機/ワイヤレス セキュリティカメラ/ワイヤレスLED/ワイヤレスマイク/・・・などなど

~月額700円で年間10万円まで端末を保証~

 

とは言っても、壊さないのが一番ですのでスマホは大切に使って下さいね!

タイトルとURLをコピーしました