【対処法】スマホの充電が途中で止まる原因は1つ【改善の余地あり】

スポンサーリンク
Androidトラブル

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画発信をしています。

スマライフ
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者1万人を超えました! 総再生回数は240万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

iPhoneやXperia,Galaxy,Huaweiなど現在販売されてある、スマホにはリチウムイオン電池が搭載されています。

このバッテリーのおかげでスマホが動作しますが、長年使用していると充電系に問題が出てくることがあります。

 

その中でも多いのが、充電が途中で止まるという不具合です。

恐らく、この記事を見ているということは現在使用しているスマホの充電がうまくされないからだと思います。

 

今回はそんな人のために「スマホの充電が止まる原因とその解決方法」について見ていきましょう!

スポンサーリンク

スマホの充電が途中で止まる症状とは?

この充電が途中で止まる症状は様々で、充電しても60%しか溜まらない、30%しか溜まらないなど

充電が100%にならない症状を指します。

もしくはまだ充電があるのに急に電源が落ちるのも同等の症状となります。

 

この症状になるとスマホの駆動時間が短くなり、常に充電が必要になってきます。

よって、モバイルバッテリーが手放せなくなります。

 

さらにこの症状になると併発するのが、スマホ自体のパフォーマンスの低下です。

アプリを開く時間が長くなったり、スクロールの挙動がカクついたりします。

スマホのバッテリー劣化の原因と寿命を長持ちさせる方法!
スマホのバッテリーは約2年で劣化してしまいますが、バッテリーの劣化の原因になっているものは何なのでしょうか?そしてバッテリーの寿命を長持ちさせる方法はあるのでしょうか?今回は「スマホのバッテリー劣化の原因と寿命を伸ばす方法」についてご紹介!

 

では、なぜこのような症状が起こるのでしょうか?

充電が途中で止まるのはスマホのバッテリーの劣化もしくは破損

この充電系統の問題の多くはバッテリーの不具合によって発生します。

特に2~3年使用しているスマホに多く発生する症状で、リチウムイオン電池の劣化によって起こります。

 

リチウムイオン電池のピークパフォーマンスを維持できる充放電回数は500回前後とされており、それ以上となると急激に劣化し始めます。

スマホの寿命が2年とされているのはこのバッテリーの寿命によるものがほとんどです。

 

バッテリーが劣化すると以下のような症状が出てきます。

・駆動時間が極端に短くなる
・急に電源が落ちる
・電源がつかなくなる
【取り出す方法】電源がつかないiPhoneにはデータが残っている!
「iPhoneが急に起動しなくなった!?」「昨日まで使えてたのに~」こうなってしまった経験はございませんか?電源がつかなくなる=データが消えるとは思っていませんか?まだ諦めてはいけません。今回はiPhone復活&データ復活までの道のりについてご紹介していきましょう!

 

そして、充電が途中で止まってしまう症状もバッテリーが劣化もしくはバッテリーに搭載されてあるコンピュータチップの破損によるものがほとんどです。

*中にはソフトウェアによるトラブルもあります。しかし、可能性としては低いです。

この症状は特に少し世代の古い機種に発生することが多く、これはバッテリーの性能と端末側の制御チップの性能によります。

最新の端末はこのようなことが起こらないように端末側でバッテリーの性能を制御しているので、途中で電源が落ちたり、充電が途中で止まったりなどの症状が出にくいです。

しかし、古い機種はその制御があまいため、バッテリーの充電系統に問題が出ることが多いです。

 

では、この症状が出てしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

充電が途中で止まった場合の対処法はスマホのバッテリー交換一択!

バッテリーの破損であれば、バッテリーを交換するしか方法はありません。

この交換方法は2種類あり、メーカーの公式サポートサービスでの交換もしくは非正規修理業者での交換です。

 

メーカーの公式サポートサービスでバッテリーを交換

メーカーで交換してもらう場合はメーカーに直接依頼もしくはキャリア(au,docomo,softbank)からメーカーに修理を出してもらうかになります。

 

メーカーの場合は保証期間が存在するので、保証期間内であればバッテリー初期不良ということで交換もしくは端末交換で対応してくれることがほとんどです。

*データが消えることがあるので、修理に出す前はしっかりバックアップを取りましょう!
iPhoneのバッテリーを無料で交換するには購入時の保証が重要!
iPhoneのバッテリーが最近劣化してきたと感じることはありませんか?2018年末で3,200円~交換できる正規サービスが終了しました。しかし、2019年も格安で交換もしくは無償での交換が可能なのです。本日は無償でバッテリー交換が受けられる方法とその予約の仕方ついて見ていきましょう!

しかし、保証期間外や古い機種だとそもそも交換をしてくれないことがほとんどですので、新しい機種への機種変更を進められます。

 

それでもどうしても交換してほしい人はメーカー以外の修理業者に頼むしかありません。

非正規修理業者へバッテリー交換を依頼

この非正規修理業者とはメーカーと直接関係ない修理業者を指します。

 

ここで修理するとメーカーの保障は無くなってしまいますが、新機種から古い機種まで幅広い機種に対応しているため、メーカーで断られた場合はこういった所で修理することをおススメします!

 

修理の時間もほとんど場合、即日で対応してくれるため、その日中に端末が手元に戻ってきます。

(メーカーだと最低でも数日は手元に戻りません。)

しかもデータのバックアップを取らなくても問題はありません。

 

こういった業者は日本全国に多数あり、「持っている機種名 バッテリー交換」などで調べると多く出てきます。

Googleの検索結果で上位に表示されている業者に依頼するのがベターでしょう!

値段はまちまちですが、1万円あればほとんどの機種のバッテリー交換は可能です。

 

このようにバッテリー系統の問題は現在のリチウムイオン電池の性能・特性では必ず起こってしまいます。

しかし、わざわざ端末を乗り換えなくてもバッテリーを交換するだけで今使用している端末を使用できるいうことは是非覚えといて下さい!

スマホの修理を全般的に保証してくれるモバイル保険というサービスがあります。非正規店でも使用可能です。月額700円で年間10万円までの修理を保証してくれるというものです。実質の修理費用は無料です。ちなみにゲーム機やパソコンでも加入が可能です。
>>モバイル保険について詳しくはコチラ

 

✔スマライフのYoutubeチャンネルにてバッテリーについての動画があるので、是非ご視聴頂ければと思います。

タイトルとURLをコピーしました