【復活】iPhoneは使用できませんからデータを消さずに復旧する

スポンサーリンク
iPhoneの故障・修理

iPhoneのパスコードを間違えすぎて「iPhoneは使用できません」と表示されたことはありませんか?

 

この状態になると使用するには初期化するしか方法は無く、バックアップを取って無ければデータは全て無くなります。

この絶望的な状態からデータを消さずに復旧できる方法があります。

今回はその方法を詳しくご紹介!

スポンサーリンク

「iPhoneは使用できません」と表示されるまで

この「iPhoneは使用できません」の表示はAppleのセキュリティ対策となります。

第3者にiPhoneを使用されないようにするための強力なセキュリティです。

 

この最終ロックがかかるには10回パスワードを間違えてないといけません。

11回目で「iPhoneは使用できません」と表示され、iTunesに繋がないとiPhoneを使用出来なくなります。

入力ミス:6回目 → 1分間使用不可
入力ミス:7回目 → 5分間使用不可
入力ミス:8回目 → 15分間使用不可
入力ミス:9回目 → 60分間使用不可
入力ミス:10回目 → 60分間使用不可
入力ミス:11回目 → iTunesに接続するまで使用不可

このような順番でロックがかかってきます。

 

パスワード忘れ画面故障によるタッチ暴走などでパスワードを間違えすぎ、セキュリティロックがかかってしまいます。

「iPhoneは使用できません」からデータを消さずに復旧する方法

「iPhoneは使用出来ません」と表示された場合、基本的には初期化作業が必要となってきます。

しかし、ある方法を使用することでデータを消さずに復旧できるかもしれません。

まず、iPhoneをセーフモードにする

iPhoneをセーフモードで起動させます。

 

起動のさせ方は

1,iPhoneの電源をオフにする

2,電源ボタンと音量+ボタンを同時に押す

3,リンゴマークが表示されたら電源ボタンを離し、パスコードロック画面が表示されるまで音量  +ボタンを押す

これでセーフモードが起動します。

 

見た目は何も変わっていませんが、ユーザーが後からダウンロードしたプロファイルは全て無効となっています。

スポンサーリンク

iPhoneを更新する

セーフモードで起動したら、PCからiTunesを起動させiPhoneを繋ぎ更新をします。

この時に「更新」と「復元」の2つのボタンが出てきますが、復元は押さずに更新を必ず押して下さい。

更新作業をする前にiTunesを最新バージョンに更新していくことをおススメします。

 

更新途中に「データの回復を試みています」とあまり見ない画面が表示されることがありますが、特に問題はないので、ご安心下さい。

 

更新作業が済めば、iPhoneが自動的に起動し

「パスコードが入力できるようになっている」

のです!

 

しっかり元設定したパスワードを入力すれば、データはそのままでiPhoneを使用することが可能となります。

iPhoneのデータを復旧出来ない場合もある

この方法は絶対出来る方法ではありません。

iOSのバージョン機種によってはセーフモードから更新をしても「iPhoneは使用できません」と再度表示されることもあります。

iOSが最新の状態の場合も更新が出来ない為、この方法は使用できません。

 

絶対に出来る方法ではありませんが、どの道「iPhoneは使用できません」と表示されるとデータが消えてしまいます。

Appleや専門のデータ復旧業者でもこの状態のiPhoneをソフト的な修理で復旧させることが出来ないほど強力なセキュリティで守られています。

今回の方法もいわゆるソフトのバグ的なもので奇跡的に復旧できるかもしれないので、イチかバチかで試してみて下さい!

「iPhoneは使用できません」からの復旧 まとめ

・iPhoneをセーフモードで起動

・そのままITunesに繋ぎ更新作業をする

・パスコード入力画面が表示されれば、正しいパスコードを入力する

タイトルとURLをコピーしました