iPhoneは高すぎます…最新のiPhoneを買わない方が良い理由

スポンサーリンク
コラム

今年のiPhoneの発表が近づいてきました。

2019年のiPhoneは今現在リークされてある画像やスペックでほぼ間違いないでしょう。

Apple信者にとっては毎年この発表を楽しみにし、発売されると同時に購入する人も多いです。

 

しかし、本当にiPhoneは必要ですか?

iPhoneは魅力的なスマホですが、唯一のデメリットは値段が高すぎることです。

 

昨今、格安スマホが様々なメーカーから出されているにも関わらず、AppleのiPhoneだけ全てのモデルが10万近いもしくは越えの値段設定になっています。

今回は私が思う「もうiPhoneは必要ないんじゃないか?」という疑問を色んな観点から見ていこうと思います!

スポンサーリンク

皆さんはその高いiPhoneで何をしていますか?

皆さんは10万円近くするiPhoneでどのようなことをしていますか?

よ~~~く考えてみて下さい。

・SNSを見る
・写真を撮る
・ゲームをする
・LINEをする
・ネットサーフィンをする

などが多いでしょう。

 

これってiPhoneじゃなくても出来ますよね?

 

一昔前までiPhoneのスペックは他のAndroidスマホより高性能で何をするにしてもストレスフリーで出来ました。

しかし、昨今のAndroidはiPhoneよりスペックが高く安いものが殆どです。

iPhoneじゃないと出来ないことなんてもう殆ど存在はしません。

 

・iPhoneはカメラが良い

そんなことはありません。今やHuaweiやXaomiなどの中華スマホの方がカメラは高性能です。
今年出るiPhoneは三眼カメラになる予定ですが、中華スマホではもう当たり前です。

・iPhoneはゲームがサクサク遊べる

残念ながらスペックとゲームの快適性はAndroidの一部のハイエンド端末の方が上です。

・デザインが好き

これは人によりますが、そのデザインの為だけに10万円を出しますか?

・iOSでなきゃ嫌

iOSで出来ることはAndroidで出来ます。逆にAndroidに出来てiOSに出来ないことはあります。

 

このようにiPhoneにしか出来ないことはありません。

iPhoneを使用しているユーザーは殆どが惰性でiPhoneを使っているように見えます。

iPhoneは壊れた時に修理するのも高い

iPhoneの端末価格高騰により修理費用が高額になってきています。

Apple Care+に入ればある程度費用は抑えられますが、それも2年までです。

 

有機ELが標準搭載されてきているため、画面交換だけでも普通に修理すれば3万~5万ぐらいかかります。

正直3万~5万あればミドルクラスのAndroid端末が買えます。笑

 

このように何かあった時に高額な修理費用がかかると考えると持つ時に相当な神経を使います。

5万円前後のスマホであれば、壊れても「また買い替えればいいや」と割り切ることが可能ですが、10万円~15万円するスマホが壊れてしまえば、割り切ることが難しくなります。

このような理由からもiPhoneは持つべきではないです。

スポンサーリンク

iPhone以外に買い替えるとしたら何が良い?

私がおススメする格安スマホを販売しているメーカーは以下です。

・Xiaomi

Xiaomiストア - EXPANSYS Japan
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

・OPPO

OPPO Mobile for Smartphones & Accessories | オウガ・ジャパン
オウガ・ジャパンのオフィシャルウェブサイトです。 オッポの企業紹介、製品情報、サポート情報をご覧いただけます。

・Huawei

スマートフォン| ファーウェイジャパン
ファーウェイ ジャパンサイトで最新かつ最高のスマートフォンを見つけましょう。HUAWEI P20 Pro、HUAWEI Mate 10、HUAWEI Y、HUAWEI Novaシリーズなどをチェック。手間なくファーウェイの携帯電話を購入して、サポートを受けましょう。

・Galaxy

Galaxy公式(日本)
スマートフォン世界No.1ブランド、Galaxy公式サイトのホーム。最新スマホやアクセサリー、お得なキャンペーン、サポート情報はこちらでチェック!

 

まだ多くの格安スマホを販売しているメーカーはありますが、一部ご紹介するとこんな感じです!

特にXiaomiとOPPOはほぼ全ての製品ラインナップが3万~5万円の格安スマホとなります。

HuaweiやGalaxyはハイエンドからミドルスペックのスマホまでラインナップがあります。

正直安くてもスペック的には十分な物からハイエンド端末と遜色ないレベルの物まであります。

 

購入方法ですがXiaomiやOPPOは日本の正規店で流通していないため、個人輸入が必要となってきます。

購入する方法が少し違うので、そこを乗り越えれば格安スマホを手に入れることができます。

 

HuaweiやGalaxyは日本で流通しているモデルとしていないモデルがあります。

していないモデルは同じく個人輸入となります。

*日本で流通していないモデルは一部対応していない回線(Docomo,au,softbank)があるので、注意が必要です。

日本語対応しているスマホも多いので、使用するのに何の問題もありません。

これからiPhoneは売れなくなる?

これから格安のスマホはどんどん日本に流通してきます。

他の外国ではiPhoneのシェアは下がりつつあります。

 

安いのにスペック的にiPhoneと遜色無くなれば必然的に買わなくなりますよね。

正直、iPhoneはブランドネイムが強すぎます。

これは以前にも記事で紹介しました。

オワコン?iPhoneの価格を気軽に買えないレベルに何故設定する?
昨今、スマホは2極化してきています。 格安スマホもしくはハイスペックで高額なスマホ この2つに大きく分かれます。 Appleが出すiPhoneもそうです。 iPhoneX以降、価格が爆発的に上がり10万越えは...

 

スペック的にはiPhoneは他のAndroidに劣る物もあるのにも関わらず売れます。

デザインさえ無視すれば、別に他のAndroidスマホでも全然事が足ります。

 

最初の方でもご紹介しましたが、私たちがスマホですることと言えば

・SNSを見る
・写真を撮る
・ゲームをする
・LINEをする
・ネットサーフィンをする

ぐらいでしょう。

このぐらいであれば、ミドルスペックのスマホでも全く問題なく出来ます。

 

もう間もなく新型iPhoneが発表・発売されますが、購入する前に「本当に必要かどうか?」を改めて考えてみて下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました