【カメラで選べ】2019年カメラが最強のスマホをご紹介!

スポンサーリンク
スマホ情報

昨今、目まぐるしく進化するスマートフォン。

様々な機能が搭載される中、各社挙って競い合うのはカメラです。

正直スペックはどの機種も価格帯別で似たり寄ったりとなっています。

 

なので、皆さんスマホを買い替える時どの機種にするか決めるための1つの指標としてカメラの性能が入ってくると思います。

今回はそんな人のために「2019年、カメラの性能が良いスマホ」を徹底比較していこうと思います!

スポンサーリンク

スマホをカメラで選ぶときに見るポイント!

スマホをカメラで選ぶ時に見なければならないポイントをご紹介していきます。

 

まず皆さんが一番着目するポイントは画像数だと思います。

もちろんこれも重要な指標ではあるのですが、「画素が高い=画質が良い」とは限りません!

スマホのスペック表に書かれてあるカメラの指標を順番にご紹介していきます!

 

画素数

画素数とは、画像を構成する画素の数を言います。

画像はいくつもの色の点で構成されています。

この点の集まりが画像となります。

画像数が大きいほど、点の密集度が高いのですが、スマホの画面ぐらいの大きさだと結局圧縮されるのであまり関係はありません。

例えば、写真を大きい紙にプリントアウトするのであれば画素数が高い方がプリントした時に解像度が維持されます。

 

スマホの画面ですと1200万~1500万画素あれば十分です!

SNS利用目的であれば800万画素でも十分綺麗な写真となります。

F値

F値とは、レンズの明るさを示す数値です。

この値が小さいほど暗所や夜景を明るく撮影できます。

そしてこの数値が小さいほど、ピントを合わせた場所の背景をぼかして撮影できます。

 

スマホは大体、F値2.2~1.5ほどの間で設計されていることが多いです。

ちなみに0.1変わるだけでも暗所での撮影能力に分かるほど差が出ます。

撮影ノイズも小さい方が少ないので、F値は可能な限り小さいものを選びましょう!

手振れ補正

これは皆さんご存知の機能だと思います。

動画をよく撮る人は必須の機能です。

 

手振れ補正には「光学式」「電子式」の二つがあり、光学式の方が画質を落とすことなく手振れ補正が可能です!

なので、光学式の手振れ補正が搭載されてあるかどうかもチェックしておきましょう!

ズーム性能

これはそんなに頻繁に使う機能ではないと思いますが、ズーム撮影の機会が多い人はチェックしておいた方が良いでしょう。

 

ズームにも「光学ズーム」「デジタルズーム」があります。

デジタルズームはズーム時に画質が劣化してしまいます。

光学ズームは画質を損なうことなく、ズームが可能です。

ただし、光学ズームは今のスマホでは数倍が限度でそれ以上になるとデジタルズームになっていまいます。

2019年カメラの性能が良いスマホ

では、2019年カメラの性能で選ぶスマホをご紹介していきます!

スポンサーリンク

iPhoneXs,XsMAX

iPhoneは全シリーズカメラの性能が高く、ソフトウェア制御も優秀なためクオリティーが高い写真を撮ることが可能です。

特にiPhoneXs,XsMAXはトップモデルであり、カメラの性能の他のシリーズに比べてダントツです。

 

カメラ性能は

・画素:1200万画素
・F値:1.8~2.4
・デュアル光学式手ぶれ補正
・2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム

を備えています。

 

ぼかし効果と深度コントロールが使えるポートレートモードやその他写真エフェクトが多彩でどんなシーンでも高品質な写真を撮ることが可能です。

カメラ性能も十分で暗所での撮影やビデオ撮影も十分満足いくものが撮れるでしょう。

しかし、iPhoneXs,XsMAXは端末の値段が高額なため、そこが唯一ネックです。

お財布と相談して大丈夫であれば、買って損はない機種でしょう!

Galaxy S10,S10+

まだ、日本で発売されていないモデルですが、カメラの性能はiPhoneを上回るものがあります。

*今年(2019年)5月~6月の発売が予想されています。

この両モデルは3眼カメラが搭載されており、iPhoneXs,XsMAXに搭載されてある2眼レンズ+1眼となります。

役割は超広角、広角、望遠となります。

これにより様々なシーンで高品質な写真を撮ることが可能。

 

カメラ性能は

・画素:1600万画素(その他2眼は1200万画素)
・F値:1.5~2.4
・光学式手ぶれ補正
・0.5/2倍光学ズーム、10倍デジタルズーム

を備えています。

 

Galaxy S10,S10+はカメラ性能を評価する調査機関「DXOMark」のカメラスコアテストで、総合109点を獲得し、歴代のスマホで最も高得点となります。

評価項目では広いダイナミックレンジ、露出性能、正確な色再現、精密なぼかし撮影が高評価のポイントとなりました。

 

セルフィーカメラでもダントツの性能を見せ、一位となっています。

まだ、発売されていませんがもし今年中に買い替えを考えている人は是非候補に入れてみてはいかかでしょうか。

Xperia XZ3

SONYが発売するXperia XZ3。

この機種は2眼でも3眼でもなく、単眼(1眼)レンズでありながらカメラの性能は上の2機種に引けをとりません。

 

Motion Eye カメラシステムを搭載しており、イメージセンサー、画像処理エンジン、レンズのすべてを自社(SONY)で開発しています。

SONYのカメラは非常に優秀であり、デジタルカメラで培ったノウハウをスマホのカメラに搭載しています。

 

カメラの性能は

・画素:1920万画素(インカメ1320万画素)
・F値:2.0(インカメ1.9)
・電子式手ぶれ補正
・8倍のデジタルズーム

を備えています。

 

電子式手振れ補正とデジタルズームは少し残念ですが、アプリケーションで画質の劣化は最小限に抑えています。

Xperia XZ3はセルフィーカメラにも力を入れており、暗所での自撮りやポートレートセルフィー、手のひらを向けるだけで、シャッターを切れるハンドシャッターなど、若い人に人気の機能を盛り込んんだ機種となっています!

【レビューまとめ!】Xperia XZ3はバッテリー持ちが悪いのは本当?
去年の11月に発売されたばかりのXperia XZ3。現在発売されているXperiaシリーズの最新機種です。 しかし、この最新のXperia XZ3は電池持ちが悪いと評価を受けているのをちらほら見かけます。 今回は”購入者のレビューと実際のバッテリー持ちはどうなのか?”をご紹介していきます。

Huawei P30 Pro

先日(3/26)にフランス・パリで開催された新製品発表会でお披露目されたばかりの機種「Huawei P30 Pro」

この機種、上の3機種を凌駕するカメラ性能を持っています。

 

Huawei P20 ProやMate 20 Proもカメラの性能で評価が高かったが、このP30 Proはそれを上回るしコアを出している。

HUAWEI P30 Proは深度センサーを含めて、Leicaクアッドカメラ(4眼レンズ)を搭載している。

コスパ最強!3万円以下で買える格安スマホおすすめランキング!
皆さん新年度ということもありスマホを買い替える季節ではないでしょうか?スペック、カメラ、大きさ、価格と買う時の基準は皆さん何ですか?一番良いのは価格が安くてスペックが高いものですよね!iPhoneやXperiaは値段が高く中々手が出しにくいのではないでしょうか?今回は「3万円以下で買える低価格スマホ」をご紹介!

 

カメラの性能は

・画素:4000万画素(その他2眼は1600万画素と800万画素)
・F値:1.6~3.4
・光学式手ぶれ補正
・光学ズーム5倍、ハイブリッドズーム10倍、デジタルズーム50倍

を備えている。

 

さらにメインのカメラセンサーは光を40%多く取り込めるので、ISO感度40万9600までの対応している。

この数字は驚異的で、通常はISO感度は数千が一般的であり、この40万9600の感度だとスマホのカメラで星空がくっきり撮れるぐらいの性能がある。

このクラスになると一部の一眼レフの性能を上回ってるのではないかと思います。

 

日本での発売日は不明ですが、カメラ性能を究極まで求めるのであればこの「Huawei P30 Pro」の購入を検討してみてはいかがでしょうか!

 

スポンサーリンク
スマホ情報
スポンサーリンク
スマライフ
タイトルとURLをコピーしました