【画面割れにも対応】AppleWatchの保証はモバイル保険がお得

Apple Watchのトラブル

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

スマライフ【SMALIFE】
スマライフはスマホやガジェットの検証動画や分解動画、日本では販売されていない機種や珍商品の紹介などを動画にしています! チャンネル登録者13,000人を超えました! 総再生回数は300万回を突破! 面白い企画や商品を見つけ次第、動画にしていきます! スマライフのブログもしてるので、是非そちらもご覧頂ければと思います。

 

実は最近、スマライフ中の人はAppleWatch SEを購入しました。

このAppleWatchのレビューはまた後日するのですが、今回はAppleWatchの保証について記事にしていきます。

AppleWatchは常に腕に付けているので、iPhoneみたいに落下することは少ないとは思いますが、ぶつけてしまい画面割れのリスクはiPhoneより高いです。

 

画面割れのリスクがどうしてもつきまとうので、何かしらの保証には入っていた方がいいです。

保証サービスとしてはAppleCare+が一般的だとは思いますが、私はモバイル保険が一番おすすめの保証サービスになります。

今回は「AppleCare+よりモバイル保険がオススメな理由」を記事にしていきます。

スポンサーリンク

AppleWatchが壊れてしまった場合の修理費用の相場は?

Apple Care+に加入していなくて、AppleWatchが破損してしまった場合の修理費用の相場はどのぐらいなのでしょうか?

モデルによって異なりますが、Appleの公式ページに全て記載があります。

watch の修理サービス料金 - Apple サポート 公式サイト
watch の修理サービス料金についてご案内します。

 

機種と個体の素材によってかなり値段の振り幅がありますが、大体2万円〜4万円ほどが相場でしょう。

ただ、AppleStoreのスタッフは画面割れであれば、端末交換になるため買った値段が丸々かかるとも言っていたので、ここに載っている値段より少し上がってしまう可能性もあります。

Apple Care+に加入していた場合の修理費用

まず、AppleWatchのAppleCare+への加入費用は機種によって異なりますが、4,800円〜12,800円です。

今回私が購入したAppleWatch SEは4,800円でAppleCare+に加入ができます。

AppleCare+に加入すると製品保証が2年に延長され、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき9,200円(税別)〜のサービス料で、1年に2回まで受けることができます。

 

ここで疑問に思うのが、AppleCare+に加入をしていてもサービス料金が9,200円(税別)を最低取られるということです。AppleCare+に加入したからといって無償で保証サービスを受けられるということではありません。

しかも、2年経てばAppleCare+は無くなってしまい、それ以降に壊れた場合は実費となります。

なので、私はAppleCare+は不必要だと考えてます。

 

では、続いてAppleCare+よりお得なモバイル保険について説明していきます。

スポンサーリンク

AppleWatchの保証はAppleCare+よりモバイル保険がお得な理由

まず、モバイル保険とは月額700円で年間最大10万円までの修理保証を受けることができるサービスとなります。

しかも、最大3台まで端末を登録でき、3台登録しても月額700円のみとなります。

過去にモバイル保険について詳しく記事を書いていますので、そちらも是非チェックしてみてください。

モバイル保険のメリットを徹底解説。他社の保険との比較あり
モバイル保険について以前 「モバイル保険に入るメリットはメーカー保証対象外の修理にある!」 という記事でご紹介致しました! 本日は以前記事ではご紹介出来なかったモバイル保険の魅力についてより詳しく解説してい...

 

モバイル保険は主端末と副端末2台の登録制となり、主端末は年間10万円までで副端末は年間3万円までの保証となります。

*最大16万円まで保証される訳ではなく、3台合わせて年間10万円までの保証となります。

1台あたりの最大保証額が上記の値段となります。
私の場合、Macbook Airを主端末として登録し、iPhone SE(第2世代)とAppleWatch SEを副端末として登録しています。

一番修理費用が高額になる可能性がある端末を主端末に登録するのがベターでしょう。

 

ちなみに電子機器なら何でも登録できるので、ゲーム機なども登録可能です。

しかも、年間なので次の年はまた10万円まで保証をしてくれます。
年数に制限もないため、Apple Care+のように2年で終わりということもありません。

AppleWatch SEならほぼ保証範囲内で可能

Appleの修理サービス(端末交換でも適用可能)を利用した場合でもモバイル保険は利用が可能です。

*AppleCare+との併用は不可です。

AppleWatch SEの修理費用はAppleの公式ページの修理値段でいくと、22,600円なので3万円以内となるので、保証範囲内に収まります。

もし、3万円以上の修理になった場合でも3万円までは保証してくれるので、実費費用はかなり軽減されます。(主端末で登録していた場合は10万円まで出るので、実質無料となります。)

Apple Watchをモバイル保険に登録する方法

AppleWatchをモバイル保険に登録する方法は簡単です。

基本的にモバイル保険のWEBページにアクセスし、手順に従って登録をしていくのみとなります。

以前、iPhoneSEとMacbookAirを登録した際の記事に新規登録の手順を詳しく記載していますので、こちらを見ていただければ、新規登録のやり方は一発で分かると思います。

新型iPhoneSEとMacbook Airをモバイル保険に加入
こんにちは! スマライフです。 スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。 先月新型iPhoneSEとMacbook Air 2020を手に入れました。 Apple...

 

今回、私は追加登録でしたので以下の手順で行いました。

まずマイページにアクセスし端末の追加登録を行います。

必要事項を記載し、端末の裏表の写真を撮っていきます。

これで写真を登録すれば、追加登録完了となります。

私はこれで登録台数の最大数である3台(iPhoneSE、Macbook Air、AppleWatch)を全て登録したので、サービスをフルで使っていることになります。

まとめ

比較的購入価格が高いものは修理費用もそれに応じて高くなります。

なので、万が一壊れてしまった時のために何らかしらの保険には入っていた方が良いです。
今回、紹介したモバイル保険は1つの保険サービスで3台電子機器を登録できるので、スッキリ保険をまとめたい方にはかなりオススメです。

今、端末の保険で迷われている方は是非参考にしてみてください!

今回紹介したモバイル保険については詳しくは公式WEBからご覧ください。
>>モバイル保険について詳しくはコチラ
タイトルとURLをコピーしました