【危険】通販アプリWishで購入した激安スマホを分解してみた

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

みなさん海外の通販サイト「Wish」はご存知でしょうか?

取り扱い商品は様々でスマホを含むガジェットの取り扱いも豊富です。
そして、その殆どが超激安で売られています。

今回はこのWishを使って手に入れた激安ハイスペックスマホを分解し、商品説明と実際のスペックがどこまで違うのかを分解して確認していきます。

 

○この記事で分かること
・なぜWishでは激安で物が手に入るのか?
・Wishで買った激安スマホを分解
・激安スマホを買うときに気を付けるべき点
スポンサーリンク

なぜWishでは激安で物が手に入るのか?

Wishは2010年にGoogleのエンジニアがサンフランシスコで創業されています。

創業したのがGoogleのエンジニアっていうのが驚きですね。

アプリデータを元にユーザーが何を求めているのか徹底的に解析し、グローバル展開をしていきました。

2019年の時点では会員数はおよそ5億人、月間の購入者数はおよそ7500万人、売上は1000億円を超えています。なのでWish自体の利用者はかなり多いですし、あれだけ激安で出品されいるにも関わらず売り上げも相当なものです。

 

安さの理由は3つあります。

・中間業者がいないため直接出品者から購入できるので手数料が削減されている
・配送スピードは遅いがその分安さで勝負
・ノーブランドを取り扱い最低限の品質が担保されている商品が多く出品されている

発展途上国の中間層をターゲットにしているため高品質な商品は必要なく、最低限の品質があるノーブランド品が多く出品されています。

しかし、私たちの価値観では偽物が多く出品されていると思われがちでもあります。

ガジェット系は多くが偽物

Wishはガジェットの取り扱いが多くあり、その多くがいわゆる偽物です。

例えば以下のようなものがあります。

このように正規の模造品が多く出品されています。

さすがにブランド名までは記載されていないですが、それを彷彿させるような商品画像と商品説明のスペックもかなり怪しいものでもあります。

価格も本物の何分の1〜の値段で売られており、多くは無いでしょうが誤って買ってしまう人もいるはずです。

 

では続いて今回の本題ですがWishで激安のハイスペックスマホを実際に購入したので、分解して商品説明のスペックと正しいかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

Wishで激安スマホを買ったので分解してみた

今回購入したのはP40というHuawei P40のパクリみたいなスマホなのでしょう。
(見た目は全然違いますが…)

この商品の説明に書いてあったスペックは以下となります。

・ディスプレイ:6.5インチ FHD+
・リアカメラ:3200万画素
・フロントカメラ:1600万画素
・CPU:MTK6595M 10コア
・メモリ:8GB
・ストレージ:256GB
・バッテリー容量:4800mAh
・4G回線対応(5Gも?)
・販売価格 7,000円

7,000円で売られているにしては超ハイスペックなスマホです。

 

システムを一応確認すると

Android9.1メモリ8GBストレージ256GBと表示されます。

全くスマホに詳しく無い方だと信じてしまいそうですが、Androidはカスタムでこのように設定を偽装することが可能です。

このP40も実際のAndroidバージョンはもっと低く、カスタムROMで設定などを弄っています。

 

実際に分解してその真相を暴いていきましょう。

まず、バックパネルを開けると4800mAhと書かれたバッテリーが出てきました。
これには少し笑いましたね笑

このバッテリーも4800mAhにしてはかなり薄いので実際の容量はもっと少ないことが考えられます。

三眼カメラが搭載されていると商品説明に書いてましたが、2つはフェイクです。
何度かこういった中華激安スマホを分解したことがありますが、このフェイクカメラは結構あるあるです。

P40の自称、3200万画素で撮った画像がこちら

非常に荒く3200万画素は絶対に無く、せいぜい300万画素程でしょう。

ちなみに新型のiPhoneSEで撮った写真がこちら

明るさといい画質といい全然違いますよね。
これが現実です。

さらに分解していくと

見るからにハイスペックさの欠けらも感じない構造をしています。
ここから基板を取り出し搭載チップを確認していきましょう。

ヒートガンを使用しチップを覆っているシールドを外していきます。

外すと基板がチップが現れます。

この搭載チップのスペックは以下となります。

・メモリ・ストレージ:KMF720012M メモリ:1GB ストレージ:8GB
・CPU: MEDIATEK MT6580A クアッドコア 1.3Ghz 32bit
・ベースバンドチップ:RTM7285 3G回線までサポート

こういった形で商品説明のスペックとはかけ離れたチップが搭載されています。

逆にこれで7000円は少し高いですよね笑

このようにWishで販売されているスマホは全てが全てでは無いですが、商品説明と実際のスペックが違う物があります。

偽物のiPhone11 Proを分解すると中身がヤバかった…
偽物のiPhone11 Proを分解すると作りがヤバかったです。GooPhoneから発売されるその偽物ですが、外観などは殆どiPhone11 Proで中身はAndroidという感じになります。今回は「偽物のiPhone11 Proの分解して分かったこと」について記事にしていきます。

激安スマホを買うときに気を付けるべき点

実際にWishだけでなく、アリエクや他の海外サイトそして日本のECサイトでも偽物は流通しています。

たちの悪い所だとブランド名やロゴ入りの写真を添付し売っている場合もあります。
それっぽく商品画像を撮っていることもあるのでかなり分かりづらい可能性があります。

極端に安くハイスペックなスマホは絶対に買わない方が良いです。

 

対策として正規の値段にはなりますが、メーカーの公式WEBや公式WEBから飛べるECサイトページからの購入をオススメします。

今回スマホに限り偽物と紹介しましたが、Wishの商品が全てそうではなく品質は最低限ですが安く使える物を手に入れることもできます。

ただ、どの海外サイトもそうですが日本のECサイトのように偽物を買うと出品者への訴えを起こすことが難しいので、物を買うときは出品者のレビューを見て高額な商品は買わず小物などの最悪偽物でも痛手にならない商品を買うことをオススメします!

 

✔︎スマライフのYoutubeチャンネルにて今回紹介した激安スマホをさらに詳しく紹介しています!

タイトルとURLをコピーしました