Apple製品のジャンク端末が高く売れる理由と売る方法

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

https://www.youtube.com/channel/UCKbcw-UqEiJGeF4tBSmsIMQ/about
iPhoneやMacbookその他Apple製品を持っている方で「電源がつかなくなった」、「画面が割れて・映らなくなって使えなくなってしまった」ことはございませんか?

ジャンクになった端末はゴミとなってしまうと考えている方も多いと思いますが、その端末高く売れるかもしれません。

今回は「Apple製品のジャンク端末が高く売れる理由」と「高く売る方法」をご紹介していきます。

 

○この記事で分かること
・Apple製品が中古市場で値崩れしない理由
・ジャンク端末は誰が買う?
・中古・ジャンク端末を高く売る方法
スポンサーリンク

Apple製品が中古市場で値崩れしない理由

Apple製品の中古市場は値崩れしないで有名です。

型落ちモデルでも綺麗に使っていれば、購入価格の1/2〜1/3で売れることもあります。

iPhoneは日本で圧倒的なシェアを誇る

iPhoneは日本で圧倒的なシェア率を誇ります。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2020年9月】
iPhoneのシェア率の推移をグラフにしました。日本のiPhoneシェア率は異常で世界とかけ離れた結果になっています。世界で見るとスマホシェアはSamsungがトップでAppleは2番手です。本記事では日本と世界のスマホシェア率とiOSとAndroidのOSシェア率も解説します。

海外ではAndroidの方がシェア率が高いです。

 

実際に私は修理屋で働いています。
海外の方でiPhoneを持ってくる人は少ないですが日本人の半分程はiPhoneです。

この人気が中古市場の値崩れを防いでいると考えます。

勿論、世界的に見てもApple製品の中古市場は他の同じ端末と比べて高いですが日本は特段高いように思います。

修理のしやすさとサポートが手厚なのが人気

Apple製品は修理のしやすさから修理をしているお店が多いです。(特にiPhone)

さらにはAppleのサポートや修理サービスも手厚く中古端末とかでもお金を払えば修理してもらえることもありますし、修理のサービスにいきつくまでが簡単です。

 

中古で端末を買って劣化しているバッテリーだけ変えてしまえば、殆ど新品同様に使えることもあります。

そういった理由から中古端末が人気なのです。

購入は高いが売っても高いので結果お得

Apple製品は他社の同様の製品に比べて割高ではありますが、売る時に高く売れる場合が多いので結果としてお買い得になります。

例えば10万円で買ったiPhoneを綺麗に使用し、2年後に5万で売れれば実質5万円で買ったことになります。

 

以上がiPhoneの中古端末が中古市場で値崩れしない理由です。

そして更に凄いのがジャンク端末でも比較的高値で売れる所です。

ジャンク端末が高く売れる理由。誰が買うのか?

ジャンク端末とは

・電源が入らない
・画面が映らない
・アクティベーションロックがかかっている
・その他致命的な機能障害

を指します。

 

通常であればジャンク端末は値段がつかないレベルまで値崩れを起こすのですが、Apple製品はジャンクでも高額で取引されることがあります。

例えばiPhone 11 Proの電源がつかない端末が数万円で取引されます。

一体誰が買うのでしょうか?

スポンサーリンク

主に修理屋が購入

ジャンク端末は主に修理屋が購入をします。

修理屋や修理出来る人はジャンク端末を購入し、直して利益をつけて再度転売をします。

それを繰り返して生計を立てている人もいますし、お小遣い稼ぎをしている人もいます。

 

その他修理で必要な部品を取るために買う人もいます。

例えば基板の修理が出来る人であればジャンク端末の基板からチップを取り、別の修理端末に移植するような形です。

 

iPhoneは先ほども書いたように修理業者が多く、こうした目的でジャンク端末を購入する人がいます。

なので、ジャンクであっても比較的高額で売買されることがあるのです。

ジャンク端末はどこで高く売れるのか?

では、ジャンク端末はどこで高く売ることが出来るのでしょうか?

メーカーやキャリア、その他下取りショップはNG

メーカーやキャリア、その他中古端末を売買している中古販売店では買い取ってくれなかったり、超格安(数百円レベル)とかでの買取になってしまいます。

そもそもお店では修理が出来ないので、買い取ってもゴミになってしまうので基本買い取らないのが普通です。

フリマアプリを利用すれば高額で売れるかも

フリマアプリ(ヤフオクやメルカリなど)を利用すれば、ジャンク端末でも高額で売買することが可能かもしれません。

実際にフリマアプリで「iPhoneジャンク」と調べて見て下さい。

状態が非常に悪いiPhoneでも売買されています。

中には数万円レベルものまで存在します。

 

ジャンク端末でも人気の機種は出すと速攻で売れてしまいます。

フリマアプリをやっている人は確実にこっちで売ってしまった方が良いです。

まとめ

ジャンクのApple製品は置いているだけだとただのゴミになってしまいます。

このゴミでもフリマアプリを利用すればお金に変えることが可能です。

 

売れれば、新しい機種を買う金銭的な負担を少しでも減らすことが可能です。

今、手元にジャンク端末がある人は是非一度売ってみては如何でしょうか。

 

✔︎今回紹介した内容はスマライフのYoutubeチャンネルでもボヤいています。興味のある方は是非そちらもご視聴頂ければと思います!

タイトルとURLをコピーしました