【回線速度が早すぎる】マンションでNURO光G2Vを契約してみた

スポンサーリンク
LIFE

こんにちは!

スマライフです。

スマホ情報ブログを書きつつ、Youtubeチャンネルでも動画配信をしています。

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

先日、引越しを行い元々住んでいた家のWi-fiがJ:COMで回線が激遅だったため、引越し先では快適なネット環境で過ごしたかったので、色々検索してNURO光を選択しました。

NURO光はネットの評判でも良かったり悪かったりと様々ですが、私は導入して感動したので今回記事を書くことにしました。

今回の記事では「導入までの流れ」から「実際に使用した感想(速度計測あり)」を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

NURO光とは?

まずはNURO光について、名前ぐらいは聞いたことがある人も多いと思います。

このNURO光の特徴は

・回線速度が爆速(下り最大2Gbps)
・料金が安い

この2つが大きな特徴となります。

 

光回線の業者は数多く存在し、回線速度と料金は競い合うポイントでもあり上記の2つはどの業者もセールスとして押してきます。

ではこのNURO光の「回線速度が爆速」「料金が安い」ことについてもう少し掘り下げていきましょう。

NURO光の回線が爆速な理由

一般的な光回線の通信規格は「GE-PON」というものが主流であり、日本では殆どの光回線にこの規格が使われています。

しかし、NURO光は「G-PON」という通信規格を採用しています。この規格は「GTCフレーム」という独自の技術を使っており、従来の回線の約2倍の回線速度を実現しています。

上り(アップロード)速度はGE-PONと同じく最大1Gbpsですが、下り(ダウンロード)速度がG-PONでは2GbpsとGE-PONの2倍の速度を実現しています。

 

「他の光回線の業者はなぜG-PONにしないのか?」

と疑問に思うと思いますが、このG-PONはシステムの構造が複雑であるため設備投資にコストがかかってしまいます。

もう既にGE-PONで設備が完成している業者は切り替えるのにさらに莫大なコストがかかるので、切り替えれないのが現状です。

このG-PONの技術に先行投資したのがNURO光です。ちなみに欧米ではこの規格(G-PON)が現在主流です。

 

そしてもう一つ速度が早い理由として光回線には「光コラボ系の回線」と「独自回線」の2種類のパターンがあります。

光コラボとは、NTTの光回線を他の業者が間借りして使うので回線が混んでしまうことがあります。

しかし、NURO光は独自回線を使用しており、回線が殆ど混雑しません。利用者の少ない回線を使うことで通信がスムーズにいくのも速度が早い理由です。ちなみにこの独自回線は「ダークファイバー」と呼ばれ中学2年生が好きそうな名前をなっています。

NURO光が安い理由

NURO光は月額料金は4,743円(税抜)と他の光回線の業者より1,000円程安く使えます。

NURO光 G2V(戸建/マンションミニ)だと1年間は980円(税抜)で使えるキャンペーンも行われています。(2020年10月現在)

引用:NURO光公式WEB

この安さには2つあります。

利用できる地域を限定

NURO光は全ての地域で利用できる訳ではありません。

以下の地域で現在利用可能です。

北海道
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
愛知、静岡、岐阜、三重
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
福岡、佐賀

この対応地域以外は利用できないので、全国で利用できないのがデメリットでもあるのですが、この利用地域を絞ることでコストを抑えて利用料金も安くなっています。

回線事業者=プロバイダ

通常、回線事業者とプロバイダは別であることが多いのですが、NURO光のプロバイダは「So-net(ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)」という、ソニーグループが提供しています。

回線とプロバイダの両方を自社でまかなっているため、余分なコストをかけずに運営が可能となっているのです。

以上のことから早い回線と安い料金が実現できています。

実際に導入してみた感想

導入までの流れを大雑把に説明すると

サイトで申込(プランを決める)→工事日の決定→工事→開通

という感じとなります。

 

ここから重要な点になってくるのですが、上でNURO光のメリットを紹介したのですがデメリットとして開通までに時間がかかる可能性があります。

通常1ヶ月〜2ヶ月かかると言われており、理由としては屋外工事と屋内工事の2回工事が必要な場合もあります。

ただし、以下の場合は早く開通する場合もあります。(僕は1日で開通しました。)

マンションにNURO光のシステムが既に導入されている

マンションの場合はNURO光が既に導入されていれば部屋に回線を引っ張ってくるだけで良いので、即日で導入できる可能性があります。

マンションの管理会社に確認すれば大体教えてくれます。

戸建てだったり、マンションにNURO光が導入されていない場合はやはり開通までに時間がかかる場合がありますが、引越ししてWi-fiが無いのは困ると思うのでしっかりレンタルWi-fiもNURO光が貸し出しを行っています。

なので事前にNURO光導入の有無を確認し無ければ、Wi-fiをレンタルして工事完了までそれを使うようにしましょう。

実際のネットは速度はどうなのか?

では、まず実際に計測したネット速度を見ていきましょう。

お昼の14時頃に計測した結果は

爆速ですね…
違うサイトで計測しましたが、上り、下り共に300〜400Mbpsを超えてます。

*地域や環境によりこれ以下や以上になることもあります。

ネット使用環境としては通常の人はこの1/10の速度でも十分です。

Youtubeで4K画質で動画を見るのにも20Mbpsもあれば十分なので、この速度が出ているとかなり快適なネット環境となります。

スマライフのYoutubeチャンネルの動画アップロードもいつも10分以上かかっていましたが、30秒でアップロードが完了しました…

 

Ping値(ラグ)も12.24msと高速なので、オンラインゲームでのラグも少ないです。

実際にネットを使用してみても何の不満もありません。

朝も昼も夜も快適にネットを使用出来てますし、以前J:COMを使用してた時は雨の日に速度が落ちてしまう現象がよくありましたが、天気にも殆ど左右されずネットが使えます。

常に300Mbps〜出ていれば正直少し遅くなった所で全然ネットの使用に差し支えがありません。

 

NURO光 G2V(戸建/マンションミニ)だと1年間は980円(税抜)で使えるキャンペーンも行われています。(2020年10月現在)キャンペーンが終了した後も月額料金4,743円(税抜)とこの通信速度と環境にしてはかなりお得なお値段なので是非、導入を検討してみては如何でしょうか
>>NURO光について詳しくはコチラ

まとめ

光回線の業者はかなり多くありますが、私はNURO光をオススメします。

月額4,743円(税抜)[NURO光 G2V(戸建/マンションミニ)だと1年間は980円(税抜)]でこのネット環境を手に入れれるのはかなりお得です。

 

これより安い光回線もありますが、やはり通信速度低下やラグ、繋がりにくいなどのトラブルが起きやすい可能性もあります。

先ほども書きましたが、Nuro光は新しい通信規格と独自回線によりネット混雑が起きにくいです。

対象地域が限られているのと開通までの工事に少し時間がかかる可能性があることだけを除けば、私はNURO光一択かと思います。

最近、コロナの影響でリモートワークなども増えてネット環境は非常に重要になってきています。是非今回の記事を参考にNURO光の導入を検討してみては如何でしょうか!

>>NURO光について詳しくはコチラ

✔︎スマライフのYoutubeチャンネルでもNURO光について解説していますので、興味のある方は是非ご視聴下さい!

タイトルとURLをコピーしました