Galaxy S9とS10の予想スペックを徹底比較!どちらが買いなのか?

スポンサーリンク
スマホ情報

来年に発表される予定であるGalaxy S10

 

巷ではぞくぞくとスペックや機能が予想されています。

 

そんなGalaxy S10ですが、現行のGalaxy S9と比較するとどこが違うのでしょうか?

 

まだ、発表もされていないですが、予想スペックから勝手に徹底比較してこうと思います!

スポンサーリンク

Galaxy S10に搭載される予定の新機能とは?

パンチホールタイプのデイスプレイ

今までの基本的なデザインはそのままで、デイスプレイをよりベゼルレスにしノッチと呼ばれる部分を穴型にしたものを搭載する予定です。

 

これによりさらに大画面のデイスプレイ表示が可能となります。

*画像はイメージ画像となります。

画面内指紋センサーを搭載か?

今までは背面パネルに搭載されていましたが、今回のGalaxy S10より画面内に搭載される可能性が出てきました。

 

これが実装されれば画面内のどこでもタッチをすればロックが解除できるようになります。

 

虹彩認証が廃止される予定ですので、この機能が注目を浴びそうです。

5000万画素に迫るトリプルカメラを搭載

次期モデルには1200万画素+1600万画素+1300万画素のトリプルカメラを搭載する予定です。

 

全てのカメラの画素を合計すると4100万画素となり、これはあくまで予想となりますが本当にこのカメラが搭載されれば業界で最もきれいな写真が撮れるスマートフォンになるかもしれません。

Galaxy S10(S10+)とS9(S9+)のスペックの違いは?

まずはGalaxy S9とS10の予想スペックを見ていきましょう!

 

項目Galaxy S9GalaxyS10(予想)
OSAndroid8.0Android9.0?
SoCSnapdragon 845/
Exynos 9810
Snapdragon 8150/Exynos 9820
メモリ4GB8GB
デイスプレイ5.8インチ
有機EL/QuadHD/18.5:9
6.2インチ有機EL
カメラシングルカメラ
1200万画素
F値1.5、F値2.4
光学式手ブレ補正
(OIS)
デュアルカメラ

1200万画素+1300万画素
f2.4
バッテリー容量3000mAh
USB Type-C
急速充電対応
4000mAh程
生体認証指紋認証
顔認証
虹彩認証
インテリジェントスキャン
指紋認証
顔認証
インテリジェントスキャン
対応電波3G/4G3G/4G/5G

 

次にGalaxyS9+とS10+の予想スペックを見ていきましょう!

 

項目GalaxyS9+GalaxyS10+(予想)
OSAndroid8.0Android9.0?
SocSnapdragon 845/
Exynos 9810
Snapdragon 8150/Exynos 9820
メモリ6GB8GB以上?
デイスプレイ6.2インチ
有EL/QuadHD/18.5:9
6.44インチ
有機EL
カメラダブルレンズカメラ
1200万画素×2
F値1.5、F値2.4
光学式手ブレ補正
(Dual OIS)
トリプルカメラ

1200万画素+1600万画素+1300万画素
f1.9
123度の「超広角」レンズ搭載
バッテリー容量3500mAh
USB Type-C
急速充電対応
5000mAh
生体認証指紋認証
顔認証
虹彩認証
インテリジェントスキャン
指紋認証
顔認証
インテリジェントスキャン
対応電波3G/4G3G/4G/5G

 

ざっとスペックを紹介するとこんな感じです。

スポンサーリンク

Galaxy S10で搭載される予定の注目の新チップとは?

Galaxy S9(S9+)とS10(S10+)のスペックを紹介した所で次に次期モデルに搭載される予定の新チップについて見ていきましょう!

 

新型メモリチップ”8Gb LPDDR5 DRAM”

このチップは10nmクラスでの製造により小型化を実現した最新チップ。

 

最大6,400Mbps以上のデータレートを可能にし、転送レートは51.2GBと超高速。

これは50GB以上のデータを1秒以内に転送が可能になるということだ。

 

さらディープスリープモードを搭載し、従来のチップより30%も省電力化が可能。

新5G世代のデバイスにて人工知能(AI)を活用したアプリケーションに対応することも検討されている。

Exynos 9820で8Kの動画が撮影可能に

ここ最近発売されたスマホのほとんどは4K画質での撮影が可能だが、次期Galaxy S10はなんと8Kの動画が撮影可能になるという。

 

これは”Exynos 9820”というチップが可能にしている。

 

このチップのおかげで8Kの解像度にて、30fpsの動画撮影に対応できるという。

さらに4K動画は150fpsにて撮影対応するなど、ヌルヌルな動画を超高画質で撮ることが可能だ。

まとめ

Galaxy S9も必要十分なスペックなので、通常使用であればS9でもS10でもどちらを選択してもいいでしょう。

 

ただ、カメラ機能はかなりの向上を見せ、もうここまでくると一眼レフの必要性が本当に無くなってくるんじゃないかと言わんばかりの進歩ぶりです。

 

その他、人工知能による学習機能画面の搭載の指紋認証ベゼルレスで超高画質なデイスプレイなど新しいもの好きには最高のスペックと言えるでしょう!

 

常に他のスマートフォンを圧倒してくるGalaxyシリーズですが、発売は2019年後半を予定しているらしいので、今から楽しみになります!

スポンサーリンク
スマホ情報
スポンサーリンク
スマライフ
タイトルとURLをコピーしました